【速報】日曜日の深夜、路上で寝込む若い女性を警察官が保護!

警察官

路上で眠ってしまった女性を保護する警察官


2014年7月13日(日)の午後9時40分ごろ、横浜市中区太田町1丁目の太田町郵便局前の路上で、泥酔して眠り込んでしまった20代と見られる女性が、警察官に保護されるという事件があった。

近隣の飲食店にいた従業員によると、その女性は路上に座り込み携帯で誰かと電話をしていただが、次に見た瞬間には倒れ込み寝込んでしまったという。心配になり声を掛けたが、一向に起きる気配が無く、警察に保護を求めた。

通報から5分ほどして駆けつけた警察官が、その後約10分間に渡り、女性に声を掛け続け、ようやく立ち上がった女性。どうやら、近くの別の飲食店で酒を飲み、帰る途中の出来事だったようで、その女性が酒を飲んだという店の従業員が迎えにきて事なきを得た。

7月という暖かい季節の出来事だったとは言え、時間は午後10時にもなろうという時。持っていたバックから鍵や財布をぶちまけ、若い女性が寝込んでしまっては、もし助けがなければ、大惨事につながったのではと考えると、営業時間中にも関わらず助けに入り、警察に通報した飲食店従業員のお手柄だ。


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20140711_kotobukiya_eye【ワンコインランチ】立ち食いでワンコイン!!絶品海鮮丼ぶり

次の記事zonohana_eye“象推し”スイーツとアート~人をつなぐ交流の場「象の鼻テラス」

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。週に3度は、関内で飲み歩きしている。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。汗っかきで、暑さが苦手。

この著者の最新の記事

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る