【泡落】ドイツ春祭りフリューリングスフェストで泡が飛び交う

いやぁ、いよいよ始まりましたね。

2014年のゴールデンウィーク。ま、いわゆる黄金週間ってやつですよ。

 
毎年この頃のニュースといえば、ゴールデンウィーク中の日本全国の人出でどこが一番だったとかってやぁつ。

 
TVニュースで見た記憶といえば…、それはいつも横浜・中華街エリアってやつが、たいてい日本で一番観光客が集まる街って話なんですけど、今年はどうですかぁねぇ。

 
だから…、

この時期の我が関内エリア…、いや取材対象の関内と呼んでるエリアでは、それはもうイベントが盛りだくさん。
 

だって、観光客の皆さんに何でか人気の街らしいっすから。
 

それでね。ありましたよ。赤レンガ倉庫の目の前で、
イ・ベ・ン・トが

フリューリングスフェスト
遠目に①

何かですね。ドイツの春を祝うお祭りだとか…。

というような、簡単な事前情報をキャッチしたので、天気も良かったお休みの日に行ってきましたよ!

 
ビール飲みに♪

ビール①

ゴールデンウィークのしょっぱなでもあったこの日は、天気も良く、それはそれは温かい初夏のような気温。

馬車道の駅を降りてから赤レンガ倉庫のイベント会場まで歩く間に、それぇわ、それぇぇわぁ、脇汗かいてしまうほどの良い天気。最高です。

会場の人出①

こぉ~んなぁ、感じで、まぁ本気で凄い日と出でしたよ。

さすがゴールデンウィークって感じの日。

ビール②

まぁ、温かいからってこともあるんでしょうし、天気が良い初夏のような感じっていうのも手伝っていると思うんですが、メイン会場!?のビール売り場には、それはそれはそれはそれは…、たくさんの人がビールカップを求めて並んでしまっているわけです。

ビール③

 

ふぅぉーらぁ、、、ねン!!


ページ:

1

2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事wanda_eye【魚天】舟小屋気分の「わんだ」で伊豆の海をフルに堪能する幸福

次の記事eye写真共有サイト「関内散歩」と、取材秘話を届ける「関内物語」

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る