今夏開催「ヨコハマトリエンナーレ2014」~作品が創り上げる1冊の本

8月1日から、「ヨコハマトリエンナーレ2014 華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」が開催される。横浜トリエンナーレは、3年に1度行われる現代アートの国際展。2001年に第1回展を開催、その後回を重ね、2011年の第4回展は33万人を動員。今年で5回目を迎える、国内外から注目を集めるアートイベントだ。

そんな「ヨコハマトリンナーレ2014」の魅力、楽しみ方を知るべく、横浜市文化観光局 瀬戸さん、横浜トリエンナーレ組織委員会事務局 武井さんにお話を伺った。

見出し

アートを通したまちづくり

-そもそもなぜ、横浜トリエンナーレを開催することに?

瀬戸:1997年に外務省が国際美術展の定期開催方針を発表しました。その実施都市として、選ばれたのが横浜でした。文化芸術を通して横浜という都市の魅力を高めていきたい、という想いが開催のきっかけでした。
2001年に第1回展を開催し、2004年には、横浜市は創造都市政策を策定しました。横浜都心臨海部に残る歴史的建造物を活用して、アートを通してまちを盛り上げる、まちの魅力を発信するという政策です。今では、横浜トリエンナーレはナショナルプロジェクトでもあり、創造都市政策のリーディングプロジェクト、という位置づけでもあるんです。

対談①

左:瀬戸さん/右:武井さん

 
-アートを通したまちづくりなんですね。では、これまでに4回実施したことで、横浜のまちに何か変化はあったんですか?

瀬戸:そうですね。会場が第1回は赤レンガ倉庫や山下ふ頭、今回も会場になっている新港ピアの倉庫施設だったりと、普段あまり訪れにくく、もともとはアートスペースではなかったところでした。それが、横浜トリエンナーレの会場として使用したことによって、雰囲気が変わり、人が訪れるところになってきたと感じています。
また、新港ピアはアーティスト・イン・レジデンスといって、創作活動の拠点になりました。アーティストやクリエイターが横浜に集う雰囲気ができてきたとも感じています。

-場所が変化したように、もともと横浜に住んでいた人にも変化があったのでしょうか。

瀬戸:横浜はアートにおいては、先駆的に活動して、歴史を重ねてきました。なので、そういった都市に暮らしているとか、働いている、というところの魅力はみなさんに感じていただけているのではないでしょうか。例えば、「横浜に住んでいるなんて素敵。」と言われたとき、その素敵の一要素として(横浜トリエンナーレが)貢献できているのでは、と思っています。

タイトルに込められたメッセージ「大切な忘れもの」

-今回のタイトル「華氏(かし)451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」は、どんな内容なのでしょう。

武井さん武井:1953年にレイ・ブラッドベリという小説家が書いた「華氏451度」という作品に由来しているんです。小説の中の世界では、本を読むことも、持つことも禁止されています。そこに、本をまるごと記憶する“本になる人々”が登場するんです。
“本になる人々”は、本を持っていてはいけない、本と関わってはいけない時代に、本を読んでまるごと記憶しているわけなので、その世界のルールから見たら、世界の外にいる、つまり、存在自体を忘れさられた人々、忘却された人々、というわけです。しかし、その忘却された人々が、実は非常に重要なものを記憶しています。

現代でいうと、例えば、インターネットで検索して得られる情報は、ごく一部の情報ですよね。検索しても引っかからない情報が膨大にあって、その情報は、本当は存在しているのに、情報の海の中では存在しないことになってしまいます。そこには大切な何かがあるのではないか、というのが今回の大きなテーマです。

瀬戸:アーティスティック・ディレクターを務める森村泰昌さんは「忘れ去られたことに、大事なことがあるのではないか」というメッセージを展覧会タイトルに込め、呼びかけ、問いかけているんです。「大切な忘れもの」ですね。

武井:今回の展示では、「忘却」をテーマにいろいろな作家さんに着目しています。例えば、検索されることを拒否している作家さん。この方は、写真でも作品をアップしないので、情報にはあがってきません。つまり、検索の中ではいないことになっているわけなんですよね。

「ヨコハマトリエンナーレ2014」の楽しみ方、作品全体で1冊の本に

-お話を聞いて、少し理解できました(笑)「現代アート」と言われると敷居が高く、難しそうなものだと考えてしまいます。わたしのようなアート初心者はどうしたら楽しめますか?

瀬戸さん瀬戸:今回は、本がテーマとお伝えしましたが、展覧会の構成自体も本仕立てになっているんです。横浜美術館からはじまり、新港ピアで終わる、という設定になっています。作品すべてを通して1冊の本のような構成になっているんですよ。

-1冊の本!

瀬戸:横浜美術館前の屋外には、全長約20メートルのトレーラーの作品が置かれることになっています。それが序章です。

武井:ふたつの序章と11の挿話からなる展覧会の構成で、各章ごとに、タイトルと解説があるので、それと一緒に本を読み進めるような形で作品を観ていただくと楽しめると思います。有料ですが、森村ディレクターによる音声ガイドの貸し出しもありますよ。


ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事iloveyokohama_eye関内新聞は横浜DeNAベイスターズが推進する「I☆YOKOHAMA」を応援!

次の記事jack_eye【関内歴史めぐり】開港記念会館-ジャック-タイムスリップできる場所

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る