横浜DeNAベイスターズ、ホームユニフォームデザイン変更を発表!

横浜DeNAベイスターズは、2015年シーズンで使用するホームユニフォームのデザインを変更すると、1月26日のプレスリリースで発表。

横浜DeNAベイスターズが2012年に誕生してから、初めてとなるホームユニフォームのデザイン変更となる。

チームイメージを「横浜」の象徴的イメージに近づける

新デザイン

今回のデザイン変更において、一番大きく変更となるのはメインカラー。昨年のシーズンまでは、白地に濃紺を組み合わせていたが、今シーズンからは濃紺から鮮やかなブルーに変更する。

昨年、球団が行った横浜市在住の約1万2千人への横浜にまつわる様々なアンケートの結果、「海と港の街」のイメージとの回答が、約9割にものぼり、そのイメージを連想できるようにと、鮮やかなブルーをメインカラーとした。更に、この色を「横浜ブルー」と命名し、横浜を愛する多くの人と共に戦っていくとの想いを込めた。

着用開始は、2015年2月1日(日)の春季キャンプからとしていて、着用試合は横浜DeNAベイスターズが主催するゲームとなる。

Personal Sloganを首元裏に記す

personal sloganまた、ユニフォームのシャツの首元裏には、選手が決めた個々の「Personal Slogan」を記した。選手の個性をユニフォームに反映させるほか、選手自身が大切にしている目標や想いなど、ユニフォームに袖を通す際に見えやすい場所に記すようにした。

ユニフォームの外側デザインは同じものを共有し、内側には個々の選手の熱い想いを込める。この2つがそろい、横浜DeNAベイスターズが今シーズンを戦い抜くユニフォームが完成するというコンセプト。

参考写真は、山崎憲晴選手の「SMILE FOR ALL」というPersonal Slogan。また、今季よりキャプテンに任命された筒香選手は、「Take every chance. Drop every fear.」、三浦投手は、「Hit it! If you can.」と、それぞれのPersonal Sloganを発表している。


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20150119enishi_eye【笑縁】笑顔を繋ぐ「えにし」が結ぶ縁と愛嬌が一杯のおもてなし

次の記事20150130blackvelvet_eye【霜降】Barメシの域を超えた肉を食べさせる凄腕のBlackVelvet!

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。週に3度は、関内で飲み歩きしている。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。汗っかきで、暑さが苦手。

この著者の最新の記事

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る