たった4日でこうも違うのか?大岡川沿いは本日おおむね満開でした

4日ほど前にレポートした大岡川の桜。その記事を書いた時には、週末には間に合わないのではないだろうかと思っていましたが、本日再度行ってみたら…。

4月3日の桜①

おおむね満開!

4月3日の桜②4月3日の桜③
と言わんばかりに咲き誇っていました。

4月3日の桜④

ほら…ね。

4月3日の桜⑤

正直、4日前に行ったときは、桜まつりには桜の花は間に合わないだろうと思っていましたが、桜もちゃんとお祭りに合わせて…、週末に合わせて咲いてくれました。

しかも、ほとんど満開!

4月3日の桜⑥4月3日の桜⑦4月3日の桜⑧4月3日の桜⑨
週末ということもあって、露店が立ち並ぶ大岡川沿いには、たくさんの人出がありました。

4月3日の桜⑦

満開ですよね!

4月3日の桜⑩

本当に見事な咲きっぷりです。

どうしてこの数日で、こんなに満開になったのか狸に化かされたと思いたくなるような、見事な桜です。

4月3日の夜桜①

せっかくだからと、夜桜も撮影してきました。

4月3日の夜②桜

川面に映る桜の花も幻想的な風景です。

4月3日の夜桜③4月3日の夜桜④
照明に照らされてピンクなのか、桜そのものがピンクなのか、まったくわからないくらい、大岡川沿いは一面ピンクに感じられるほど。

4月3日の夜桜⑤

夜空に浮かび上がるピンクの桜は、とっても美しい。

4月3日の夜桜⑥4月3日の夜桜⑦
それにしても、4日前の光景とは別物。たった4日で満開になるとは…。

正直言って誤った情報を伝えてしまったと、反省するばかりのお花見でした。


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20160401_sakura_eye本日のサクラ情報は新港エリアの桜!天気が良ければ今週末に見頃

次の記事tulip2016_eye今年も16万本のチューリップが咲き誇る横浜公園、まさに見ごろ!

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。週に3度は、関内で飲み歩きしている。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。汗っかきで、暑さが苦手。

この著者の最新の記事

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る