2016年4月4日

たった4日でこうも違うのか?大岡川沿いは本日おおむね満開でした

森本 康司 森本 康司

4日前に行った時から一変。大岡川の桜まつりは満開の桜の花に囲まれ大賑わい。夜には幻想的なピンクの風景を見せてくれた週末の桜は、ただ美しいの一言。すっかり誤った情報を伝えてしまったと反省の念を込めて昼と夜の撮影で違った桜を。

4日ほど前にレポートした大岡川の桜。その記事を書いた時には、週末には間に合わないのではないだろうかと思っていましたが、本日再度行ってみたら…。

4月3日の桜①

おおむね満開!

4月3日の桜②4月3日の桜③
と言わんばかりに咲き誇っていました。

4月3日の桜④

ほら…ね。

4月3日の桜⑤

正直、4日前に行ったときは、桜まつりには桜の花は間に合わないだろうと思っていましたが、桜もちゃんとお祭りに合わせて…、週末に合わせて咲いてくれました。

しかも、ほとんど満開!

4月3日の桜⑥4月3日の桜⑦4月3日の桜⑧4月3日の桜⑨
週末ということもあって、露店が立ち並ぶ大岡川沿いには、たくさんの人出がありました。

4月3日の桜⑦

満開ですよね!

4月3日の桜⑩

本当に見事な咲きっぷりです。

どうしてこの数日で、こんなに満開になったのか狸に化かされたと思いたくなるような、見事な桜です。

4月3日の夜桜①

せっかくだからと、夜桜も撮影してきました。

4月3日の夜②桜

川面に映る桜の花も幻想的な風景です。

4月3日の夜桜③4月3日の夜桜④
照明に照らされてピンクなのか、桜そのものがピンクなのか、まったくわからないくらい、大岡川沿いは一面ピンクに感じられるほど。

4月3日の夜桜⑤

夜空に浮かび上がるピンクの桜は、とっても美しい。

4月3日の夜桜⑥4月3日の夜桜⑦
それにしても、4日前の光景とは別物。たった4日で満開になるとは…。

正直言って誤った情報を伝えてしまったと、反省するばかりのお花見でした。

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。週に3度は、関内で飲み歩きしている。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。汗っかきで、暑さが苦手。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします