2016年12月12日

横浜DeNAベイスターズドキュメンタリーの新シリーズが劇場公開へ

横浜DeNAベイスターズは、球団史上初のクライマックスシリーズ進出を果たした、2016年シーズンを振り返る球団公式ドキュメンタリー「FOR REAL-ベイスターズ、クライマックスへの真実。-」を制作する。2017年1月14日(土)から、先行上映も始まる。

横浜DeNAベイスターズは、球団史上初のクライマックスシリーズ進出を果たした、2016年シーズンを振り返る球団公式ドキュメンタリー「FOR REAL-ベイスターズ、クライマックスへの真実。-」を制作する。

この作品を収録したDVD・Blu-rayを12月12日(月)予約受付開始、2017年1月28日(土)に発売する他、神奈川県内5つの映画館にて2017年1月14日(土)から、先行上映を行うことが決定した。

これまで、横浜DeNAベイスターズは2012年から2014年までの3シーズン、公式カメラマンがチームの裏側に密着したドキュメンタリー作品「ダグアウトの向こう」シリーズを制作してきた。そのシリーズは、プロ野球球団の裏側を余すことなく撮影した作品として、ベイスターズファンだけでなく、プロ野球を愛するファンから幅広く支持され、2014年の劇場公開時には全国各地の映画館にて満員を記録するなど、大きな注目を集めていた。

「ダグアウトの向こう」シリーズ完結以降も、多くのファンから新作の公開を望む声があり、球団史上初のクライマックスシリーズ進出を果たした2016年シーズンこそ、チームの躍進とその裏にある苦悩の日々をファンに見てほしいと考えた。

新シリーズを制作するにあたり、チームが見せる表の姿だけでなく、裏に秘められた喜びや葛藤を描いてこそ、“本物”であると捉え、「FOR REAL」をタイトルとして、新たなドキュメンタリーシリーズを制作する。

新しい作品では、中畑清前監督の退任からアレックス・ラミレス監督の就任、筒香嘉智選手をはじめとした選手たちの進化と苦悩や初進出となったクライマックスシリーズに挑む若きチームの裏側の様子を、シーズンを通して撮影。200時間に及ぶ映像素材の中から厳選して一つの作品にまとめている。

華やかな世界からは想像できない、プロ野球球団の真実の日々を、スポーツを愛する全てのファンに楽しんでいただきたいと球団はコメントしている。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします