横浜DeNAベイスターズドキュメンタリーの新シリーズが劇場公開へ

横浜DeNAベイスターズは、球団史上初のクライマックスシリーズ進出を果たした、2016年シーズンを振り返る球団公式ドキュメンタリー「FOR REAL-ベイスターズ、クライマックスへの真実。-」を制作する。

この作品を収録したDVD・Blu-rayを12月12日(月)予約受付開始、2017年1月28日(土)に発売する他、神奈川県内5つの映画館にて2017年1月14日(土)から、先行上映を行うことが決定した。

これまで、横浜DeNAベイスターズは2012年から2014年までの3シーズン、公式カメラマンがチームの裏側に密着したドキュメンタリー作品「ダグアウトの向こう」シリーズを制作してきた。そのシリーズは、プロ野球球団の裏側を余すことなく撮影した作品として、ベイスターズファンだけでなく、プロ野球を愛するファンから幅広く支持され、2014年の劇場公開時には全国各地の映画館にて満員を記録するなど、大きな注目を集めていた。

「ダグアウトの向こう」シリーズ完結以降も、多くのファンから新作の公開を望む声があり、球団史上初のクライマックスシリーズ進出を果たした2016年シーズンこそ、チームの躍進とその裏にある苦悩の日々をファンに見てほしいと考えた。

新シリーズを制作するにあたり、チームが見せる表の姿だけでなく、裏に秘められた喜びや葛藤を描いてこそ、“本物”であると捉え、「FOR REAL」をタイトルとして、新たなドキュメンタリーシリーズを制作する。

新しい作品では、中畑清前監督の退任からアレックス・ラミレス監督の就任、筒香嘉智選手をはじめとした選手たちの進化と苦悩や初進出となったクライマックスシリーズに挑む若きチームの裏側の様子を、シーズンを通して撮影。200時間に及ぶ映像素材の中から厳選して一つの作品にまとめている。

華やかな世界からは想像できない、プロ野球球団の真実の日々を、スポーツを愛する全てのファンに楽しんでいただきたいと球団はコメントしている。


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事savepoint_eye白雪姫の世界を感じられるレンタルスペースが元町にオープン予定

次の記事20161212_eye【歴史探訪】-三塔物語に囲まれた、関東大震災の遺構を訪ねる―

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る