横浜DeNAベイスターズ、今春オープン「THE BAYS」の概要を発表!

横浜DeNAベイスターズは、旧関東財務局横浜財務事務所の活用にあたり、この春オープン予定の施設名称(通称)を横浜市との協議により「THE BAYS(ザ・ベイス)」に決定したと発表しました。

THE BAYS

「THE BAYS(ザ・ベイス)」という施設名称(通称)は、これまで横浜公園、横浜スタジアムを起点に進めていた「コミュニティボールパーク」化構想を街レベルに展開し、横浜スポーツタウン構想の新たな中核施設となる基地(BASE)という意味に加え、ベイスターズ(BAYSTARS)や横浜の港(BAY)の文字を掛け合わせて名づけられたそうです。

この事業は2014年、横浜市所有の指定有形文化財でもある旧関東財務局横浜財務事務所の活用事業者を横浜市が公募したもの。翌2015年、応募のあった9者の中から株式会社横浜DeNAベイスターズが選定されました。

各フロアには以下の施設が入る予定。

THE BAYS_2

地下1階:フィットネススタジオ
メインスタジオ(約116㎡)とサブスタジオ(約35㎡)を地下1階に整備。市民が活用できるフィットネスを実施。ほかにも、シンポジウムなどの文化イベントなどが催される。

1階:カフェ・ショップ(「+B」)
施設のエントランスである1Fには、横浜スタジアムにて展開していたライフスタイルショップ「+B(プラス・ビー)」を移転。日本大通りに面したオープンスペースや中庭スペースも活用。

2階:シェアオフィス
クリエイターやクリエイティブ企業が入居するシェアオフィス。

3階:ミーティングルーム/多目的スタジオ
2階に入居するクリエイターやクリエイティブ企業、また4階に入居する横浜DeNAベイスターズの職員が使用する、ミーティングルーム。

4階:横浜DeNAベイスターズオフィス
横浜DeNAベイスターズの職員が使用するオフィスフロア。

日本大通りに面し、横浜公園の目の前にあるこの場所は、まさに横浜スタジアムのお膝元。現在は耐震工事中のようでした。

kantozaimukyoku

現在の旧関東財務局横浜財務事務所の様子(2017年1月14日撮影)

オープンは今年の春の予定。暖かくなったころ、新しく生まれ変わったこの場所を訪れるのが今からとても楽しみです!


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事s-train_eye土休日は秩父へGO、乗り換え無しの座席指定列車の運行がスタート

次の記事warai_eyeさくら通りに大衆酒場和来が1月24日開店。100円ビールの提供も…

この記事の著者

岸野 ちほ

岸野 ちほ副編集長

九州生まれ九州育ち。学生時代を横浜で過ごし、横浜を第二の故郷と呼んでいる。ハマスタでアルバイトをしていたことがきっかけでベイスターズファンに。ファン歴は10年。

この著者の最新の記事

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る