こちらは全駅設置へ。みなとみらい線ホームドアを2020年までに!

みなとみらい線を運行する横浜高速鉄道(株)は、安全・安定輸送を最優先とするため、平成32年度(2020年)までにみなとみらい線全駅に可動式ホーム柵(ホームドア)を整備すると発表した。

同社では平成27年3月から横浜駅で、可動式ホーム柵を供用開始しているが、今回の発表で残っている全ての駅で導入されることになる。

ホームページでの発表資料によると、みなとみらい線沿線において、新高島駅周辺の街区開発の進捗、馬車道駅周辺の横浜市新市庁舎整備計画ならびに北仲通北地区の開発など、多くの街づくりが進行している上、日本大通り駅は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の野球・ソフトボール会場となる横浜スタジアムの最寄駅の一つとなっていることで、より一層の利用客増加が見込まれていることが理由のよう。

ホームドア設置に関しては、昨年12月にJR東日本が関内駅への設置は含まれないと発表しているだけに、みなとみらい線はJRに先行して関内エリアの駅の安全強化に取り組むこととなる。

横浜高速鉄道株式会社HP

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事matsumura_eye春を感じる三兄弟、馬車道老舗和菓子店「松むら」の三色だんご!

次の記事20170123_citynews_eye横浜市、住民票の写しなどの各種証明書のコンビニ交付を本日開始

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る