1月23日午後8時過ぎ、JR関内駅前セルテで火事。はしご車が出る。

昨夜(23日)8時過ぎ、JR関内駅前にある商業ビルセルテで火災があった。近隣に勤める読者の方が駆け付けた時には、既に煙が少なくなっていたということだったが、まだはしご車が高層階近くまで伸びている写真が撮影されている。

20170123_news_00120170123_news_002

同ビル11階に入居するハート&ソウルのホームページによると、消防からの指示によってその後の営業は取りやめた模様。ただ、同店への火災による影響はなく、本日(24日)からは通常通り営業を再開する。


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20170123_citynews_eye横浜市、住民票の写しなどの各種証明書のコンビニ交付を本日開始

次の記事neko_eye癒しのネコ写真185枚!写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き」開催中

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る