2017年2月17日

横浜市と英会話のイーオンが英語セミナーに関する連携協定を締結

横浜市と英会話のイーオンは、「訪日外国人旅行者受入環境整備(英語セミナー)に関する連携協定」を締結した。今後、英会話のイーオンが「おもてなし英語セミナー」を、観光関連事業者など日頃から外国人旅行者に接する機会の多い人を対象に開催していく。

記者発表資料横浜市文化観光局 記者発表資料より

国内外からの誘客を強化し、観光客の受入環境や回遊性の向上に取り組んでいる横浜市は、平成29年2月15日に英会話のイーオンと海外からの環境客が安全・安心に滞在できる環境を整備し、市内の観光振興を図ることを目的に「訪日外国人旅行者受入環境整備(英語セミナー)に関する連携協定」を締結した。

これは昨年9月、英会話のイーオンが横浜市の「共創フロント」に対し、訪日外国人旅行者受入環境の向上を目的とする英会話セミナーの無償提供についての提案から実現。自治体と英会話事業者が訪日外国人旅行者受入環境整備に特化した協定を締結するのは、これが初めてとのこと。

なお、「共創フロント」とは、行政と民間が連携して、新たな事業機会の創出と社会的課題の解決に取り組むために民間企業・団体からの相談や提案を受け付ける市の窓口。

具体的な取組みとして、イーオンが「おもてなし英語セミナー」を観光関連事業者など日頃から外国人旅行者に接する機会の多い人を対象に開催。受講者の英語力やホスピタリティ精神の一層の向上を通して、横浜市全体の外国人旅行者受入環境の更なる充実を図っていく。

セミナーについては、英語での挨拶や横浜観光に関する情報など基礎的な内容だけでなく、観光関連事業者、飲食事業者、交通事業者などの受講者がそれぞれの現場で求められる会話表現なども学ぶことができるらしい。

詳しくは、横浜市文化環境局の記者発表資料にてご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る