横浜市と英会話のイーオンが英語セミナーに関する連携協定を締結

記者発表資料横浜市文化観光局 記者発表資料より

国内外からの誘客を強化し、観光客の受入環境や回遊性の向上に取り組んでいる横浜市は、平成29年2月15日に英会話のイーオンと海外からの環境客が安全・安心に滞在できる環境を整備し、市内の観光振興を図ることを目的に「訪日外国人旅行者受入環境整備(英語セミナー)に関する連携協定」を締結した。

これは昨年9月、英会話のイーオンが横浜市の「共創フロント」に対し、訪日外国人旅行者受入環境の向上を目的とする英会話セミナーの無償提供についての提案から実現。自治体と英会話事業者が訪日外国人旅行者受入環境整備に特化した協定を締結するのは、これが初めてとのこと。

なお、「共創フロント」とは、行政と民間が連携して、新たな事業機会の創出と社会的課題の解決に取り組むために民間企業・団体からの相談や提案を受け付ける市の窓口。

具体的な取組みとして、イーオンが「おもてなし英語セミナー」を観光関連事業者など日頃から外国人旅行者に接する機会の多い人を対象に開催。受講者の英語力やホスピタリティ精神の一層の向上を通して、横浜市全体の外国人旅行者受入環境の更なる充実を図っていく。

セミナーについては、英語での挨拶や横浜観光に関する情報など基礎的な内容だけでなく、観光関連事業者、飲食事業者、交通事業者などの受講者がそれぞれの現場で求められる会話表現なども学ぶことができるらしい。

詳しくは、横浜市文化環境局の記者発表資料にてご確認ください。


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事sakuragicho_eyeJR桜木町駅に新南口改札口が出来たときの利便性を探ってみました

次の記事20170218_info飲食店マップ設置ホテル新規追加のお知らせ

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る