2016年3月31日

こちらはもう少し先!関内桜通りの桜は、遅咲き種の八重桜が多い

森本 康司 森本 康司

先日レポートした大岡川沿いのスポットと同様に、関内エリアの桜といえば「関内桜通り」があげられます。通りの名前にも「桜」がついているだけに当然。ここの通りの桜は、時期が遅れて見頃を迎えます。一味違う桜の名所をレポートします。

桜の季節がズンズンと足音を立てて近いづいて来ています。

このところ、みなとみらいに本社を置く某上場企業の社員による掃部山公園のお花見場所取り問題で、Twitterやネット上が大きく盛り上がっていますね。

隣のエリアのことだけに、少々驚きを隠せないでおりますが、本日も関内エリアの桜の状況をレポートします。

本日は、関内桜通りの桜の様子を見て回りました。

3月31日の桜①

本町通りから車両一方通行の進行方向に従って、関内桜通りを進んでいきます。

桜通りという名が付くだけあって、この通りの街路樹は桜の木ばかり。ただ八重桜が多く、ソメイヨシノに比べて開花するのが1週間~2週間ほど遅いのが特徴です。

関内桜通りの木の種類

 
それでも幾本かの桜は「オカメザクラ」という一重咲きの桜の種類で、この季節に既に満開近くに咲き誇っていました。

3月31日の桜③3月31日の桜②
本町通りの弁天通り間に一本。綺麗な桜があります。

3月31日の桜④

さらに、メディアビジネスセンターの前に一本。小ぶりな木ですが、人々の足を止めるのに十分な桜。

3月31日の桜⑤

太田町~相生町の辺りは八重桜ばかりが並んでいますので、ほとんど桜の花を見ることができません。この辺の桜の花は、もう少し先のようです。

3月31日の桜⑥

最後に尾上町に向かう一方通行路の出口あたり。両側にそろって花を咲かせた桜の木がありました。

ご覧いただいたように、関内桜通りの桜の見ごろは、もう少し先になりそうですね。先日レポートした大岡川の桜を楽しんだ後、少し遅れて関内桜通りのお花見ができそうな感じです。

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。近頃は、見様見真似でシェーカーを振ったり、料理をしたりすることが多くなった。お酒の空瓶で作るBottle Ware Artにハマっている。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る