おかげ様で創刊3周年を迎えることになりました

平素、関内新聞のご愛読いただきまして、誠にありがとうございます。

来る12月2日に、小紙は創刊(リリース)より丸3年の月日が経過し、3周年を迎えることになりました。2013年12月2日の創刊の日には、まさかココまで来れるとは考えてもおらず、ただただ先行きを心配する気持ちばかりが先行しておりました。

小紙を立ち上げようと思ったきっかけは、この街の飲食店を紹介したいとの考えからでした。創刊から3年。これまでに小紙で取り上げた飲食店は80を超え、これからもより多くの飲食店を取り上げるWebメディアで在り続けたいと考えております。

また今年は、飲食店情報の他にも、地域内で開催される各種イベントや、この街の歴史なども取り上げるため、一緒に執筆活動をしてくれるライターの増員も行いました。

様々な活動を続けることができたのは、日々当サイトにアクセスしてくださる読者の皆さんのおかげだと、感謝の気持ちでいっぱいです。直接的なメッセージを頂戴することばかりでなく、アクセス数という形でも応援していただいている…。

その読者の方々への感謝の気持ちといたしまして、12月4日(日)に「3周年記念読者感謝パーティー」を開催することにいたしました。パーティの会場となるのは、JR関内駅前セルテ11階にある「ハート&ソウル」さん。パーティ当日は、お店を貸切にさせていただき、LIVEパフォーマンスを見ながら食事とお酒を楽しめるようにと考えております。

この機会に、一人でも多くの読者の皆様と交流をさせていただき、今後の関内新聞の運営に役立つご意見などを頂戴できればと考えておりますので、お気兼ねなくご参加いただけると幸いです。

12月4日(日)のパーティ会場で、お目にかかれることを楽しみにしております。

編集長 森本康司


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事cocktailshow_3eyeBAR発祥の地・関内、名バーテンダーによるカクテル・ショウ開催

次の記事nogetetsudo_eye【歴史探訪】-幻に終わった野毛の鉄道、「桜船鉄道線」を追う-

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。週に3度は、関内で飲み歩きしている。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。汗っかきで、暑さが苦手。

この著者の最新の記事

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る