関内新聞について

このサイトについて

この街を愛する人たちにスポットをあて、この街をもっとたくさんの人に愛してもらいたい。

観光情報誌にあるような情報ではなく、ディープなところまで掘り下げたり、マニアックな視点で突き詰めたりして、足で集めた情報を発信することが関内新聞のコンセプト。

そしてこのメディアを通じて、関内を愛する方々や、関内に縁のある色んな方々のコミュニケーションの始まりとなれれば幸いです。

関内について

アメリカからの開港要求に横浜の地を開港した江戸幕府は、開港場のエリアを元々あった川と新たに掘った堀割りで区切り、開港場との行き来には関門が設置された橋を通らなければならないようにした。

その関門の内側(港がある方)を『関内』、外側を「関外」と呼ぶようになった名残りで、現在でもつかわれているが、「関内」という住所表示上の正式な地名はない。現在の地図で定義すると、大岡川、首都高、中村川、そして海に囲まれたエリアが「関内」と呼ばれる。

関内新聞は、そんな歴史のあるエリア「関内」を様々な角度から伝え、情報発信を率先できるメディアになりたいと考えています。

関外地区について

アメリカからの開港要求に横浜の地を開港した江戸幕府は、開港場のエリアを元々あった川と新たに掘った堀割りで区切り、開港場との行き来には関門が設置された橋を通らなければならないようにした。

その関門の内側(港がある方)を「関内」、外側を『関外』と呼ぶようになった名残りで、現在でも「関内」という呼称は駅などの名称としてつかわれているが、「関外」という表現を使うことは少なくなった。現在の地図で定義すると、大岡川、首都高、中村川、そして海に囲まれたエリアが「関内」と呼ばれ、野毛・初黄・日ノ出・伊勢佐木・元町・石川町・寿・不老町・浦舟町・阪東橋とお三の宮周辺を「関外地区」としている。

2016年よりそれまで分けて運営していた関外新聞を統合し、以降は関内新聞にて歴史のあるエリア「関外」も様々な角度から伝えています。

取材について

記事の取材については、ほとんど、ほぼ、完全に編集者独自の視点で気まぐれに取材しています。

関内新聞に掲載して欲しいから「こちらの取材に来て」というリクエストは、どんどんお申し付け下さい。時間の許す限り取材には行きたいと思いますが、全てのご要望にお応えできるものではありません。

お問い合わせはこちら

記事について

取材を行う際に肖像権とプライバシー保護の観点から、あまり人を写さないよう心掛けていますが、万が一映っていて削除してほしい場合は、即時対応いたします。

お問い合わせはこちら

リンクについて

関内新聞へのリンクは基本的にフリーですが、下記の要領でリンクを作成していただくようにお願いいたします。また、ご掲載いただいた場合には、こちらからご一報いただけると幸いです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

名称:関内新聞

URL:http://kannai.jp/

概要:横浜関内に関する情報を発信するニュースサイト

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

関内新聞 編集部
〒231-0007
神奈川県横浜市中区弁天通2-28
ライオンズマンション関内804号
株式会社8thOcean

近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る