2016年7月4日

【別格】筆の誤りも知らない弘法に最高の喜びを教わる別亭空海!

ページ数(1/3)
森本 康司 森本 康司

関内の弁天通で遭遇した弘法は、筆を誤ることすらない別格の存在。別亭空海は和のテイストから始まる外観から序章を描き、まるで別世界を感じさせてくれるお座敷の個室も持つ。一層に精進を重ねた凄腕の究極の料理コースに、浮世の世界を実感する。

今年の流れは、何かが変だった。いつもの年なら、後半にかけ尻上がりに調子が良くなるというのに。

気が付けば夜の関内を出歩くことから、すっかり遠ざかってしまっていた。真冬の夜空に光る一番星の様なソフトクリームを食べた店から、良い意味で運気が変わったとも言える。

例年、ゆっくりとしたペースで進むことが多い上半期。

しかし今年は、妄想が止まらなかった店新スタイルで驚かされた店に辛うじて足を運べた程度で、夜出歩くことを控えさせられるように多忙な毎日。

折り返しに来て、ようやく一息つけた感覚だった。

その好調な上半期に大きく力を貸してくれたある人物。日頃は表舞台に出ることは少ないが、イベント行事制作物の発展を陰で支えるこの方を、接待するにはちょうど良いタイミング。

日本料理 別亭 空海

別亭空海の外観

その接待の舞台としてチョイスするのは、弁天通にある趣のある佇まいが印象的な別亭空海。この街で過ごしていれば、当然その存在は知ってはいたが、心にゆとりを持って飲み歩くことが少ない身には機会がなかった。

別亭空海の和のテイスト

心にゆとり…

その認識をより濃くしてくれる和のテイスト。煌びやかな灯りが多いこの弁天通では、このさり気無い和のテイストは、更に際立つ。

別亭空海の暖簾

好調で多忙な日々を乗り越え、心にゆとりを持って迎える折り返しの今、この暖簾をくぐれることが何よりのご褒美だと感じてくる。

 
さて、

別亭空海のカウンター

外観の和のテイストからの流れが続くカウンター。洗練され尽くしたこだわりが、始まる前から最高のおもてなしを約束してくれているよう。

別亭空海のカウンター②別亭空海のこあがり
接待と言っても気心知れた相手。肩を並べてカウンターで語るも良いし、その奥にあるこあがりで、掘りごたつに足を投げ出し寛いでやるのも良い。どちらにしたって、この美しさに不満があるわけじゃない。

 

~ 接待ということは、予約時に伝えてあった。 ~

 
ん!?

更に奥に進んで、上へあがれだと…

別亭空海の階段①別亭空海の階段②
なんと…

洗面所だとばかり思っていた暖簾の先に、更に2階へと上がる階段がある。表の佇まいと、設えの美しいカウンターから始まる完成された店内に、2階にも席があるとは考えても見なかった。

もしかすると、流れるような美しさの1階は単に序章に過ぎないのかも知れない。

別亭 空海の2階

階段を上りきるとそこには、思った通り完璧な終章が始まる。

別亭空海の個室

カウンター、そしてこあがり席。

カウンターが一人晩酌やカップルに贅沢な親密さを演出した後、グループや仲間内に程よい解放感を与えるこあがりもある。それだけでも完結しているだろうと思えるのに、凛としてやや張り詰めるような空気感の個室まで用意されている。

6人では広すぎるだろうと思えるメインともいえる個室。更にこの個室を、関内とは思えない別世界にまで演出する坪庭。そして床の間には、存在感のある箪笥に生け花。

別亭空海の坪庭別亭空海の個室の床の間
この店の物語は、隅々まで緻密に練られて構成され、雑踏の中にあるはずなのに浮世の世界へと誘ってくれている。

メインの個室から振り返るとある、二つの間。それが、今宵の接待の舞台となるお部屋。

別亭空海の個室②別亭空海のテーブルセット
二つ間を仕切っている襖を外すこともできる機能性を持ちつつ、分けては今宵のような少人数の接待などの大切な折に、プライベートな空間を約束してくれる。

お店詳細