これで安心!豊富なアイテムからレンタルできるパーティドレス!

さぁ自信を持ってパーティーへ

ByMagicのコーディネート①ByMagicのコーディネート②ByMagicのコーディネート③ByMagicのコーディネート④ByMagicのコーディネート⑥ByMagicのコーディネート⑤
これがBy Magicがかけた魔法なのでしょうか。たくさんのアイテムの中から、スタッフさんが丁寧にコーディネート。そしてプロのヘアメイクアップアーティストさんによるお化粧とヘアセット。

これでは全ての女性が魔法がかかってしまいますね。

By Magicの中村社長にお話しを伺います

ByMagicの中村社長-開業のきかっけは?

もともとあまりドレスなどに興味が無く、エスニック系の暗い感じが好きで、キラキラ系が苦手でした。

ただ5年前に自分自身が結婚した時の経験から、レンタルドレスというサービスを開業しました。

-ご自身の挙式の経験とは?

幾ら自分自身が結婚するとはいえ、それでもまだドレスに興味が湧かなかった。友人がパーティーを開いてくれるというので、(半ば渋々)ドレスを準備しなくては。でも主役で着るのは一回限りならば、その後お呼ばれのパーティーでも着ていけるドレスを購入しました。

そうしたところ友人に怒られました。せっかく主役なのだから、ちゃんとしたドレスを着るように…と。

-それでどうされたのでしょうか?

それで別のドレスを選びに都内のレンタルドレス屋さんに行きました。そこでたくさんのドレスを着せてもらっているうちに、興味が無いと思っていた自分でも楽しいと感じるようになりました。

それでその帰り道に、「なぜ横浜にないのだろう?」と独り言を行ったとき、友人に開業してみたらどうかと言われたのがきっかけですね。

-その後は?

自分のパーティーがあったのが2011年の5月。良きパートナーも見つかり、その2ヶ月後の7月には元町でBy Magicを開業しました。

直ぐに軌道に乗ったわけではなく、開業後4ヶ月ぐらいはお客さんが殆ど来なくて…。資金も底を尽きそうになりましたが、諦めたくないという気持ちでチラシを配り、少しずつお客さんが来てくれるようになりました。

-たくさんのアイテムがありますね。

開業当初は100着のドレスから始めましたが、今では約800着のドレスに、靴とバックが400を超える程になりました。

毎月10着程度を新たに増やし、3ヶ月に一度は全てのドレスをチェックして見直しをします。人気が無いドレスや傷んだドレスは入れ替えるようにしています。

-どんなお客様が多いですか?

約8割の方は、結婚式や二次会にお呼ばれしている方ですね。その他のケースは、成人式のアフターパーティーや謝恩会に参加される方でしょうか。

珍しい場合だと、男性から女性へプロポーズする際にヘアメイクやオシャレをプレゼントするってこともありますね。

-今後の展開は?

今後はウェディングにも力を入れていこうと考えています。ドレスはもちろんですが、特に小物類に力を入れていきたいと思っています。デザイナーさんに一点物を作ってもらい、多くのアイテムを揃えていこうと準備しています。

-最後にこの記事を見た方へメッセージを

ドレスを着るって敷居が高いと思っていらっしゃる方が多くいるような気がしています。当店は、初めてレンタルドレスをご利用される方が多くいらっしゃいます。モデルや綺麗な人たちばかりではなく、自分も綺麗なドレスを着て、プロのメイクアップをしてもらっても良いんだと思ってもらいたいですね。

開業前の私が(たくさんドレスを着て)楽しかったように、全ての女性が楽しいと感じてもらえるようにしていきたいと思っています。

ByMagicの

ショップデータ

By Magic
  • 横浜市中区太田町1-16
    ラ・イプセ1001
  • TEL:045-651-1213
  • 営業時間:
    平日 11:00~21:00(最終受付 20:00)
    土日祝日 9:00~19:00(最終受付 18:00)
    ※完全予約制
  • Web:www.by-magic.com

【関内新聞読者特典】記事を読んだよの合言葉で、2016年2月末まで10%OFF!


ページ:
1 2 3

4

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事doushimura_eye横浜の水源・道志村を考える~飲食店経営者が中心となった横浜会

次の記事otokoramen_eye【待望】弁天通りに登場!拉麺 弁tenの特製醤油らーめんに舌鼓!

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。週に3度は、関内で飲み歩きしている。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。汗っかきで、暑さが苦手。

この著者の最新の記事

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る