【快挙】中華街の老舗BAR「ケーブルカー」に潜入したジャン!

関内新聞
ふぅ~。おなかいっぱい!
じゃ、2軒目いこうか?

パクパク隊
・・・。

関内新聞
んじゃ、横浜らしいカクテルを頼んでみようか?

 
すみません!
 

関内新聞
なんか、横浜らしくて、甘くて、見た目の派手なカクテルお願いします!

バーテンさん
え?見た目の派手な??

関内新聞
はい!見た目の派手な感じで!
実は私、関内新聞っていうWebサイトをやってまして。そこでこのお店を紹介したいんですけど…。(恐る恐る)

バーテンさん
あ、そうなんですか。
こちらにはよくお客様がFacebookとかにアップしてくださるし、別に構いませんよ!

 
マリンタワー
マリンタワー

確かにこれは見た目が派手なカクテル。長く背の高い、しかも足の細いグラスに鮮やかな赤。
これもこのお店オリジナルの「マリンタワー」。

バーテンさん
こちらは当店のオーナーが考えたマリンタワーというカクテルです。マリンタワーといっても、少し前のマリンタワーになりますけどね。今は、もう赤じゃなくなってしまったので…。

 
 
それにしても、おしゃれなカクテル。
横浜のシンボルともいえるマリンタワーをイメージしたカクテルなんて、さすが老舗のBarだけのことはありますね。

バーボンお代わり!
ROWAN's CREEK

もう一杯!
KNOB CREEK

気が付くとお店に入ってから、1時間半が経過しようとしていることに気が付く。4時半に入店したから、間もなく6時になろうとしている。ということは、Happy Hour が終わる時間…。

そこですかさず、立て続けにバーボンを2杯いただき、この取材は終わりを迎えることになりました。だって、そろそろ酔いが回ってきて、取材どころか帰ることすら危うくなりそう…。

そろそろ、お暇いたします。

これ以上いると、お酒が回って、せっかくの取材が台無しになりますから…。

それにしても、よく飲んだなぁ。ごちそうさまです。

お見送りシーン

Barといえば2軒目に一人で静かにバーボン。そんなイメージを持っていた関内新聞でしたが、ケーブルカーさんのHappy Hourを楽しむのもいいかなと感じました。

自家製のお料理もおいしいし、それに何より、土日祝は3時半からOPEN。そして6時まではHappy Hourでお得に飲める。

皆さんもケーブルカーさんのHappy Hourで早い時間から酔っぱらってみてはいかがですか?

 

ショップデータ

ケーブルカー
  • 横浜市中区山下町200
  • TEL:045-662-5303
  • WEB:www.cablecar.co.jp
  • 営業時間:
    月~金 17:30~翌2:00
    土 15:30~翌2:00
    日・祝 15:30~0:00
  • 定休日:無休


ページ:
1 2 3 4

5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20131208_eyecatch関内エリアの駐車場をマップ化!独自の基準で紹介するジャン!

次の記事20131216_eye【発見】コスパ!ココット料理「KATIA」女子ウケするジャン!

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。週に3度は、関内で飲み歩きしている。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。汗っかきで、暑さが苦手。

この著者の最新の記事

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る