【伝統】時代を超えて愛される「ホフブロウ」で歴史を感じる。

フィンランド人のオーナーが、今とは違い海岸通りにお店を出したのが始まりだという。

お店の名前になっている「HOF BRAU」とは、ドイツにあった酒場の名前だ。

昭和55年に今の場所に移り、そこから33年。店内は大きな改装もせず、移転当時のままで営業を続けているが、綺麗に保たれ、古さは全く感じさせられない。

 
現在のオーナーの上田さん
上田オーナー

上田さんは、お店がある建物のオーナーでもあり、前オーナーが引退する際に、そのまま経営を引き継いだ。伝統と歴史のあるお店だから、前オーナーもお店を無くすのは辛かったそうだ。

上田さんも前オーナーの気持ちを引き継ぎ、お店を大切に育て続けていらっしゃった。

このお店は、常連のお客様の方が大切に想ってくださっているのです。お客様の想いでお店が育てられているのです。

そう上田さんは話してくれる。

何年も前にこの近くで勤めていた方が横浜を離れ、何年ぶり何十年ぶりに戻って来た時に来店され、お店が合ってよかったとおっしゃるお客様もいらっしゃいます。

お客様の方が、このお店にたくさんの想い出をお持ちなんだとか…。


 
それにしても、やはりここに来て正解だった。

異国の地に思いを馳せながら、週末の遅めのランチに洋食を選び、そしてお酒を飲む。他では味わうことができない、ジャガイモがゴロゴロしたジャーマンポテトに、かりかりのチーズまでも美味しいスパピザ。にんにくが香ばしく食欲を掻き立てたローストチキン。

 
よし、次にきた時こそチキンライスだ。ふわふわの卵の下にあるチキンライスを、口の中いっぱいに頬張り味わってやる。

 
それにしても気持ちが良い。

思い描いたシナリオ通り、少しずつ暗くなり始める頃。外国船を思わせてくれるホフブロウの航海に、うっとりとしたこの心地良さを感じながら少し歩くか…。

 

ショップデータ

ホフブロウ
  • 横浜市中区山下町25
    上田ビル1階
  • TEL:045-662-1106
  • 営業時間:
    【平日】ランチ 11:30~14:30/ディナー 17:00~21:30
    【土・日・祝】11:00~21:30
  • 定休日:月曜日定休(祝日の場合は翌日がお休み)


ページ:
1 2 3

4

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事eye380【気合】意気込みが横浜ブランドを叶えた!横濱帆布鞄「045」

次の記事bunjiro_eye【意地】頑なな職人魂が出汁にしみ出るおでんを食わす文次郎!

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。週に3度は、関内で飲み歩きしている。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。汗っかきで、暑さが苦手。

この著者の最新の記事

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る