【北雪】日本酒の会では美味しいお酒が存分に味わえるジャン!

ここまで出てきた日本酒は、その香りや風味、のど越し。それら全てが料理と合わせるだけの日本酒ではなく、そのものがロバート・デ・ニーロ氏のように映画、いや食事の主役になるべき日本酒。

ただ食事の脇役としてのお酒ではなく、どんな料理ですら脇役に変えてしまってもおかしくない、主役級の日本酒のラインナップ。

それらを味わい、程よく「酔い」が回り始めた参加者の多くに料理が運ばれてくる。

 
う巻き、クリームチーズと鮪の酒盗、鯖の味噌煮、朝どれ鮮魚の刺身
お料理1

この日の日本酒の会の会場となった居酒屋からは、自慢のメニューが参加者に運ばれる。

どの一品も日本酒のアテには申し分のない品々。

その一つ一つに箸をつけながら、北雪酒造自慢の酒を楽しんでいると、今度は料理の味を殺さない、いや寧ろ料理の味を更に引き立てる、北雪酒造自慢の更なる酒を美香さんが参加者にお酌して回る。

大西さん3

こんなうまい酒に、日本酒に合う最高の料理。

更には日本酒の頭で理解し口の中で考えさせてくれる素晴らしいウンチクを話してくれる綺麗な女性がお酌してくれた日には、酒が進まないはずがない。

北雪2

純米酒、本醸造、鬼ころし…。

どれも料理の味を引き立ててくれ、そして冷でも味わえ、燗も楽しめる。

大西さん4

好みに合わせ、料理に合わせ…。

そんな飲み方を教えてくれる美香さん。

大西さん5

うまい酒に、うまい料理。

それだけではない日本酒の会を楽しくさせてくれるのは、日本酒の知識が豊富で、日本酒のことをかなり愛している、この美香さんの素晴らしいプレゼンテーションと飲兵衛を扱う技術の上手さからだったのではないか。

そんな感情に浸っていると、更なる衝撃を美香さんが運んでくる。


ページ:
1 2

3

4

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20131216_eye【発見】コスパ!ココット料理「KATIA」女子ウケするジャン!

次の記事20131225_eye2【判明】北仲通に現れたドームで関内産レタスができるジャン!

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る