吉浜町の「かもめベーグル」、ぬくもりを感じるパン&ベーグル!

石川町駅南口は元町方面、北口は中華街への道と横浜を代表する町がありますが、同じ北口でも少し趣が異なる町に「かもめベーグル」はあります。

かもめベーグル001観光地とも違う街に突如として現れる可愛らしい店は、ガラス越しにパン職人さんが見え、外に木箱に入ったベーグルなどが並んでいて、気に入ったものをその場で会計をして持ち帰るというスタイル。

犬と一緒に買い物に来ても、リードを繋いで待たせることもないので安心です。

この店の売りは店の名の通りベーグル。

ベーグルは大きく分けて「おかずベーグル」と「甘いベーグル」(筆者流言い回し)がありますが、ここはどちらもバランスよく置いています。

その時々に作られるベーグルはどれもこれも美味しそう。

そして、ずっしり、ああぁ、迷います。

かもめベーグル002

この店ではベーグルの他にも人気の食パンや揚げパンなどがあり、また店内には出来上がったパンが外から見やすく並べられていて、いつも迷ってしまします。

今日はそのベーグルをあえて外して、食べ歩きを決行。というのは、ベーグル選びに迷ってしまったので店員さんも苦笑い。

筆者:
ベーグル以外で今日のオススメは何ですか?

店員さん:
食パンはたまたまあるのでオススメですが、パンならラズベリーとクリームチーズのパンです

と、いうことでこれに即決し購入。(280円税込)

かもめベーグル003

ラズベリーとクリームチーズがたっぷり入ったパンは、生地が少しだけ歯応えがある分、噛めば噛むほど全てが混ざり合い、口の中で一体感が生まれるようです。

さすが、店員さんがオススメしてくれるだけありますね。

ご近所さんでしょうか、次々にいらっしゃる中でお店の方とお話ししていた方は食パン推しでした。

こちらもとても気になります。また近々買いに来ます。

ショップデータ

かもめベーグル
  • 横浜市中区吉浜町2-10
  • TEL:045-681-4710
  • 営業時間:10:00~18:00ごろ
  • 定休日:日曜日


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20170112open_eye笑顔で客をもてなす愛嬌女将の店「えにし」が吉田町に二号店開店

次の記事s-train_eye土休日は秩父へGO、乗り換え無しの座席指定列車の運行がスタート

この記事の著者

佐々木 翠

佐々木 翠ディレクター

幼い頃、初めて家族旅行に来たのが横浜山下町。その思い出のこの街に居を移し、早くも17年。ほぼ関内または関外エリアを中心にどっぷりと街に馴染み、愛犬と暮らしています。新旧交えた横浜関内地区について独自の調査により知り得た地元情報を、それぞれの人間ドラマと共に、関内の街をディープに発信していきたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る