【発見】コスパ!ココット料理「KATIA」女子ウケするジャン!

関内新聞
えっと、一応、記事も書かなきゃならないんで…。

 
と、そんな会話は耳にも入らず、松本シェフがキッチンで次の料理をやっているので、一口二口、パテ・ド・カンパーニュを口にして、キッチンの方に目をやると…。

何やら黒い物体が!

 

でた!これぞストウブココットか?

ブイヤベース1

パテ・ド・カンパーニュを準備している松本シェフをファインダー越しに追いかけながら、ピントがずれるのも構うことなく、目が気になっていたのは、キッチンの奥におとなしく鎮座していた黒い物体。

きっとあれこそが、ここの看板料理、ストウブココット料理なんだろう。

そう思って、これからどんな料理が始まるのかと思いきや…

 

もくもくと準備をしていた松本シェフが黒い物体をもってくる

ブイヤベース2

ここで、関内新聞と同世代の人なら、きっと頭の奥で唱えるはず呪文が…。

関内新聞こころの声
何が出るかな?何が出るかな♪何が出るかな??チャチャチャちゃん♪

でた!?ガラガラがっしゃん!閉店店じまい(笑

ブイヤベース3

黒い物体のふたが開けられると、そこにはエビや貝がぎっしり!

うわぁ!魚介類の玉手箱やぁ~

ブイヤベース4

そして鍋の中をのぞき込んで、さらに一言…。

地獄の赤温泉で、

シンクロナイズドスイミングしてるぅ~(笑

と、有名なグルメレポーターのような反応をしてみる。

 

いざ実食!

ブイヤベース5

これが、KATIAがお店の看板にもうたう、ストウブココット料理の一つ。

ブイヤベース(1,800円)

お店詳細


ページ:
1 2 3

4

5 6 7 8 9 10

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20131215_eye【快挙】中華街の老舗BAR「ケーブルカー」に潜入したジャン!

次の記事20131222_eye【北雪】日本酒の会では美味しいお酒が存分に味わえるジャン!

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る