2015年2月25日

港町の空気を味わい歴史の一端に触れられる「港の見える丘公園」

ページ数(1/2)
岸野 ちほ 岸野 ちほ

2011年のジブリ映画『コクリコ坂から』の舞台としても話題になった「港の見える丘公園」。その名の通り横浜港を一望できるこの公園ですが、味わえるのは美しい景色だけではありません。その歴史の一端に触れられる場所「フランス山」のことをご存知ですか?

映画『コクリコ坂から』でおなじみ

 
「安全な航行を祈る」

青空にたなびく2枚の旗。2011年に公開されたスタジオジブリの映画『コクリコ坂から』にも登場した国際信号旗です。「港の見える丘公園」は、主人公の松崎海が切り盛りしていた下宿「コクリコ荘」がある場所のモデルとしても知られています。

コクリコ旗

港町の空気を肌で感じられる“ヨコハマらしい”この公園は、観光地やデートスポットとしても人気。港の見える丘公園といえば眼下にベイブリッジや横浜港を一望できる、この展望広場をイメージする人も多いのではないでしょうか。

港の見える丘公園

ああ、私もこれまで何度か、あんな人やこんな人と、ここで横浜の夜景を眺めたこともあったなあ…(-_-)なんてことを思い出しながら久しぶりに公園を散策。

散歩やジョギングを楽しむ人、季節の風景をカメラに収める人、ベンチで談笑する人などなど、地元の人から観光客までいろんな人に愛される公園であることを感じさせられます。

庭園

ベンチ

1ページ 2ページ
目次に戻る