港町の空気を味わい歴史の一端に触れられる「港の見える丘公園」

映画『コクリコ坂から』でおなじみ

 
「安全な航行を祈る」

青空にたなびく2枚の旗。2011年に公開されたスタジオジブリの映画『コクリコ坂から』にも登場した国際信号旗です。「港の見える丘公園」は、主人公の松崎海が切り盛りしていた下宿「コクリコ荘」がある場所のモデルとしても知られています。

コクリコ旗

港町の空気を肌で感じられる“ヨコハマらしい”この公園は、観光地やデートスポットとしても人気。港の見える丘公園といえば眼下にベイブリッジや横浜港を一望できる、この展望広場をイメージする人も多いのではないでしょうか。

港の見える丘公園

ああ、私もこれまで何度か、あんな人やこんな人と、ここで横浜の夜景を眺めたこともあったなあ…(-_-)なんてことを思い出しながら久しぶりに公園を散策。

散歩やジョギングを楽しむ人、季節の風景をカメラに収める人、ベンチで談笑する人などなど、地元の人から観光客までいろんな人に愛される公園であることを感じさせられます。

庭園

ベンチ


ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20150210masobyo_eye横濱媽祖廟~よく当たる!と評判の、中国式おみくじにドキドキ!

次の記事20150309syukumai_eye爆竹に獅子舞に孫悟空!春節の祝賀パレード「祝舞遊行」レポート

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る