初の食べ歩き散歩で出会った肉汁たっぷりな西山商店のメンチカツ

先日、「ザキ祭り」があったあの界隈。関内を背に、信号を越えたお三の宮方面もまだ伊勢佐木町。

そこからは、伊勢佐木町七丁目となります。地元色がいっそう濃くなるその入り口の程近いところに、お目当てのあのお店があります。

西山商店

こちらのお店は、1940年創業のお肉屋さん。

フレッシュなお肉の他にもソーセージなどの加工品やお惣菜、そしてお弁当がありますが、今日のお目当ては知る人ぞ知る“メンチカツ”(160円:税別)。

迷わず購入してお店を出ましたが、この時点ですでに我慢ができないほど。誰がなんと言おうとも、この高揚感と共にすぐに食したくてたまりません。

オブジェのようなベンチのある近くの一角でさっそく一口食べれば、豚肉の甘い肉汁が

ギュワーッ!

と流れだします。

ほのかに温かいメンチカツを食すシアワセ。ブラボー食べ歩き!

メンチカツ以外のお惣菜はもちろん、フレッシュミートでも、何にしようか迷ったらお店の方にオススメを尋ねると、テンポよく教えてくれるので、楽しい買い物がもれなく付いてきます。

せっかく伊勢佐木町七丁目界隈に来たので、大岡川を概ね平行に走っていたかつての米軍滑走路辺り通って家路に着こう。

さぁて、次の食べ歩きはどこに行こうかな。

ショップデータ

西山商店
  • 横浜市中区伊勢佐木町7-148
  • TEL:045-261-3114
  • 営業時間:9:00~19:00
  • 定休日:日曜・祝日


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事yubin_eye弁天通りにある「横浜郵便発祥の地」の記念碑から新たな発見が!

次の記事jhonjhon_eye2食べ歩き散歩で古き良き横浜を感じるJohnJohn名物のホットドッグ

この記事の著者

佐々木 翠

佐々木 翠ディレクター

幼い頃、初めて家族旅行に来たのが横浜山下町。その思い出のこの街に居を移し、早くも17年。ほぼ関内または関外エリアを中心にどっぷりと街に馴染み、愛犬と暮らしています。新旧交えた横浜関内地区について独自の調査により知り得た地元情報を、それぞれの人間ドラマと共に、関内の街をディープに発信していきたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る