野菜畑でパーソンズと肉がパーティする創作ダイニングで満腹な夜

お料理を実食(後半)

いよいよパーティも後半戦へ突入。

創作ダイニングパーソンズの石焼きカルボナーラ風リゾット石焼きカルボナーラ風リゾット

普段なら〆の品々には手を出さないが、あれだけ食べたにもかかわらず、まだまだ胃袋に余裕がある不思議な夜。街の喧騒を離れ緑広がる高原を歩いてたどり着く、山小屋のような雰囲気が胃袋に与える余裕なのか。

石の器でグツグツと音を立て、半熟卵をセンターに生クリームとチーズを従えたリゾットのステージ。祝賀パーティをさらに盛り上げてくれる一品といったところか。

さっきまで表現が長いと、苦言ばかりを言ってくれていたこの子も無口になり、モグモグとひたすらに食し始めた。

創作ダイニングパーソンズの石焼きリゾット創作ダイニングパーソンズのカルボナーラ風

モグモグ隊:
いやぁ~、美味しいです!とシンプルに表現したいところですが、このお料理にシンプルは失礼ですね。

リゾットがカルボナーラ風なうえに、石焼きと来てます!リゾット単体でお料理として成り立つのに、それをパスタのカルボナーラ風にアレンジして、その上石の器で焼き上げる。石焼きならではの嬉しいおこげもちゃんとできてて、シンプルに表現すると失礼にあたる何重奏にも渡るコンビネーション。

きゃ~、味のファンタジスタ!

創作ダイニングパーソンズのボロネーゼパスタボロネーゼパスタ

ふふっ!そ~ら見たことか。

妄想にふける活字の表現に苦言を呈していたこの子も、ついには人様の言葉を借りて、活字で美味さを伝える魅力の術中にはまったようだ。

さて、もう既に幸せに満腹感を感じている胃袋に、二人目の〆の選手が登場したか。

カルボナーラがリゾット(米)で出てきた次は、ボロネーゼが王道とも言えるパスタ(麺)で現れる。米に麺といえば、〆の先頭をひたすら走る代表格。

創作ダイニングパーソンズのパスタ創作ダイニングパーソンズのボロネーゼ

先ほどあの子が味のファンタジスタと表現したリゾットとは違い、こちらは見た目に安定感を感じるパスタ。

ただその安心感を優しく覆してくれてしまうのが、ゴロゴロという表現が最もふさわしいと思えるソースに絡んだ肉の大きさ。

ふぅ~

たくさん食べてお腹いっぱいと、〆に手を出さずに終わらせなくてよかった。このお肉がゴロゴロのボロネーゼは、食べないと損するほどに後悔していたところだな。

久しぶりに見つけられちまった…

宴もたけなわ、パーティも終焉…

創作ダイニングパーソンズのデザート2層のチーズケーキ(左)
ガトーキャラメル(右)

モグモグ隊:
ちょっと、ちょっと。勝手にパーティを終わらせないでくださいね。女子には必要不可欠な、スイーツがまだ残ってますからね!

えっ!?

あれだけ食べておきながら、まだ入るというのか?

モグモグ隊:
まぁ月並な表現でしょうが、別腹ってやつですね。

創作ダイニングパーソンズのチーズケーキ創作ダイニングパーソンズのガトーキャラメル

モグモグ隊:
色鮮やかなお野菜とお肉のお料理の数々も嬉しかったですけど、このチーズケーキも侮れませんね。サワークリームとクリームチーズの、2層仕立てのチーズケーキになってますよ。爽やかなサワークリームと、濃厚なクリームチーズが絶妙な相性で一つにまとまってますっ!

それに、このガトーキャラメル。カスタードのプールにプカっと浮かび、しっとりとした生地にヒトヒトにカスタードをまとって、甘くて優しいお味。

食後のスイーツは、やっぱり別腹。食べなきゃ終わらないって感じですね!



久しぶりのキメ台詞。既に一度出してしまったが、本当は、こっちの台詞が正しいのか。


最初から見つけていたんだな…



関内に来てから3年が過ぎた。最初のころに気になった、あの感覚は間違いではなかったんだ。数多く回った気になっていたが、また気持ちを新たに次のステップへ進むとしよう。
 
それにして、今宵の祝賀パーティの会場とした創作ダイニング パーソンズは、目にも鮮やかにお料理を楽しませてくれ、客の満腹感を貪欲なまでに追求してくれる嬉しいはからいだったな。

次は誰を連れパーティをしてみようか…。

ショップデータ

創作ダイニング パーソンズ
  • 横浜市中区住吉町3-37
    村山ビル1F
  • TEL:045-663-4039
  • 営業時間:17:00~24:00(L.O. 23:00)
  • 定休日:日曜・祝日


ページ:
1 2

3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事kobei_eye川越から横浜へ…、生糸商人吉田幸兵衛氏の足跡を追ってみました

次の記事syunenjigyo_eye今年は「●周年」づくし!関内の周年事業、いくつご存じですか?

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。週に3度は、関内で飲み歩きしている。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。汗っかきで、暑さが苦手。

この著者の最新の記事

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る