2014年6月4日

【関内歴史めぐり】歴史も学べて夜景も楽しめる横浜税関「クイーン」

ページ数(1/2)
田村 里佳 田村 里佳

歴史ある建物が多く立ち並ぶ関内エリアに、横浜三塔と呼ばれる建造物が存在するのをご存知だろうか。キング、クイーン、ジャックの愛称で親しまれる建造物で、三塔すべてが横浜市の歴史的建造物に認定されている。今回は「クイーン」の魅力を歴史とともにご紹介。

歴史ある建物が多く立ち並ぶ、関内エリア。そんな関内に、横浜三塔(※)と呼ばれる建造物が存在するのをご存知だろうか。「キング」「クイーン」「ジャック」の愛称で親しまれる建造物で、三塔すべてが横浜市の歴史的建造物に認定されている。

今回はそのうちの一つ「クイーン」の魅力を歴史とともにご紹介。

 
JR関内駅から赤レンガ倉庫方面にみなと大通りを歩いて15分、緑青色のドームが特徴的な建造物がある。1934年竣工、「クイーン」の愛称で親しまれる横浜税関(中区海岸通り1-1)だ。

横浜税関は、全国に9か所ある税関の中でも154年という長い歴史を持つ。「クイーン」は3代目の庁舎で、2代目庁舎が関東大震災(1923年)で焼失した後、1934年に建設された。

ロマネスクなど洋風建築様式が混在しており、「クイーン」という愛称の通り女王らしい気品のある雰囲気が漂う。

クイーンの塔①建設当初、赤胴色だったドーム型の屋根は数十年の時を経て、現在の緑青色に変化

横浜市の歴史的建造物にも認定されており、夜にはライトアップ演出が行われている。

クイーンの塔②夏:季節によってライトアップの方法を変えている(写真提供:横浜税関HP)
クイーンの塔③冬:季節によってライトアップの方法を変えている(写真提供:横浜税関HP)

外から眺めるだけでも十分楽しめるが、歴史をもっと感じたい方には、庁舎1Fにある「横浜税関資料展示室」に立ち寄ることをおすすめする。

入場料はなんと無料。入口では税関イメージキャラクター「カスタム君」が出迎えてくれる。

展示室入口麻薬探知犬をモデルとした税関イメージキャラクター

展示室には、横浜港・横浜税関の歴史年表、これまでに取り締まった密輸の記録、明治時代の税関職員の制服など様々な資料が展示されており、横浜税関の歴史と役割をしっかり学ぶことができる。

歴史年表横浜港・横浜税関の歴史年表
1ページ 2ページ