【圧巻】驚異的なデカさのクイーン・エリザベス号に鳥肌が立つ

世界で最も有名な豪華客船といわれる『クイーン・エリザベス号』が3月16日に横浜港に初めて入港し、大さん橋国際客船ターミナルに17日まで停泊しました。

関内エリアで起こった、この記念すべき出来事を記録に残すため、関内新聞も彼女に会いに行ってきました。

 
赤レンガ倉庫側からアプローチ
赤レンガ倉庫とエリザベス①

大さん橋の赤レンガ倉庫側に着岸していたクイーン・エリザベス号。まずはその全貌を観ようと、みなとみらいから横浜ワールドポーターズを抜け歩いていきました。

赤レンガ倉庫とエリザベス②

すると目の前に景色に度肝を抜かれました。本来であればこの位置からは、赤レンガ倉庫の後ろに大さん橋とベイブリッジが見えるはずなのですが、この日はクイーン・エリザベス号が堂々とした姿で見えます。

それに後ろにいるクイーン・エリザベス号の方が、地上3階建ての赤レンガ倉庫よりも背が高く見えています。どれだけデカいのでしょうか?

調べてみるとクイーン・エリザベス号の高さは56.6メートル。13~14階建てのビルといった感じですね。

 
更に近づき全貌を観に行く
赤レンガ倉庫とエリザベス③

横浜ワールドポーターズからサークルウォークを通り、今度は彼女の全貌を観ようと更に近づいていきます。

赤レンガ倉庫の横を通り更に海岸の方に向かって歩いているところで撮った写真がこれ。

赤レンガ倉庫とクイーン・エリザベス号。それにわずかに見えた大さん橋と、その後ろにベイブリッジ。横浜関内の主役級の役者たちが、わずかに首を出した海外の女優に、存在感をかき消されてしまっていました。

 
いよいよ彼女の全体像に迫ります
クイーン・エリザベス号①

赤レンガ倉庫を抜け海岸につくと、いよいよクイーン・エリザベス号の全貌が現れました。

その姿に、文字通り「固唾を呑む」ばかり。

大さん橋の建物の長さは約430m。それに対しクイーン・エリザベス号は294mの長さですが、この位置から見ても大さん橋はほとんど見えません。視覚的には“大さん橋いっぱいいっぱい”に停泊しているクイーン・エリザベス号に、この世のどんな物よりもデカく感じてしまいました。

クイーン・エリザベス号②

 
間違いなくクイーン・エリザベス号
 

クイーン・エリザベス号③

その姿を更に近くから見ようとしてか、1隻のボートが彼女のお尻から近づいていきます。


ページ:

1

2 3 4 5 6 7

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事heart_eye【重鎮】関内の文化を築き上げるハート&ソウルで盛り上がる!

次の記事king_eye【格式】キング塔の愛称で知られる神奈川県庁本庁舎の一般公開

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る