正にラーメン街道!?長者町5丁目から阪東橋までに8軒が腕を振るう

鎌倉街道(国道16号)の長者町5丁目から阪東橋までの道路に沿って、実はラーメン屋が7軒も立ち並んでいます。(※投稿日現在)取材の合間のランチに手軽に素早く食べられることもあって、ラーメンを食べる頻度が比較的高い筆者は、このエリアにしばしば出没してラーメンをすすっていることが多々。

そんなラーメン街道に、8店目となるラーメン屋が現在オープンに向けて工事をしているという情報をキャッチ。もしかするとこの界隈、ラーメン激戦区となって有名になるのではないか…、といち早く記事にすることにしました。

ラーメン二郎 関内店

ラーメン二郎

まず長者町5丁目の交差点付近、この場所を通ると決まって目にするのが、とあるお店の前にできる長い行列。恐らく関内中どこを探したって、これほど毎日、これほど決まって行列が見られる光景はココだけ。

そう、その行列の源となっているは、かの有名なラーメン二郎 関内店。本当に、このお店だけは毎日決まって行列ができています。

で、いったいどんなラーメンかというと、こんな感じ。

な、なんだ!?

このチャーシューの肉厚感は?

えっ!?

これで小ラーメンなのか?

と、衝撃を受けることが間違いなさそうなラーメン二郎 関内店。いつも行列ができているので、並ぶこと覚悟で行く必要があります。

たかさご家

たかさご家

そして阪東橋に向かって鎌倉街道を進んでいくと、次に見つかるのはたかさご家。こちらのお店はお昼時から深夜帯まで営業している家系のラーメン屋さん。

本店は日ノ出町駅前にあり、関内エリアにいくつか出店しているお店です。

はまじん

はまじん

そしてさらに進むと今度ははまじんが見えてきます。こちらのお店は味噌ラーメンが売りのよう。お昼時にはランチセットもやっているようで、ひっそりと佇むながら、店内にはいつもお客さんが入っているようです。



ページ:

1

2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事kiraku_eye【喜楽】雰囲気抜群に妄想が止まらない㐂樂(きらく)に耽る夜!

次の記事ramen_eye2地球規模のラーメン店からカレーラーメンまで!こちらも8軒が乱立

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る