正にラーメン街道!?長者町5丁目から阪東橋までに8軒が腕を振るう

麺屋サスケ

麺屋サスケ

ここから阪東橋までは、見渡せばラーメン屋の暖簾が見つかるエリアです。

どデカい看板で目立ちまくるのが麺屋サスケ。北海道ラーメンのお店でこの場所が関東初出店だそう。

北海道ということで味噌ラーメンがイチオシのようです。店内広めで入りやすく、飲んだ帰りに立ち寄ることがあります。

麺屋M

麺屋M

麺屋サスケの向かいには、こちらも最近登場したばかりの魚介系醤油の麺屋Mがあります。筆者、まだ潜入したことはないのですが、とあるお店の大将から美味しいとの噂を聞いていて気になっているお店。

ネット上に出回る写真を見ても、他のラーメン屋とは異なり、見た目に優しく安心感がありそうです。家系ラーメンのお膝元横浜にあって、魚介系のあっさりしたスープは、実は需要が高いのではないかと思います。


ページ:
1 2

3

4

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事kiraku_eye【喜楽】雰囲気抜群に妄想が止まらない㐂樂(きらく)に耽る夜!

次の記事ramen_eye2地球規模のラーメン店からカレーラーメンまで!こちらも8軒が乱立

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る