現代で考えると関内は広いと分かったので関外新聞はじめます!

看板

横浜が好きで、関内を飲み歩くのが大好きで、この街をこよなく愛している気持ちが押さえきれなくなり、2013年12月に「関内新聞」を勝手に創刊しました。

創刊から10ヶ月に渡り、地域やイベントに関する情報、居酒屋やBARといった飲食店に関する記事を配信していくうちに、気が付かないうちにエリアがドンドン拡がって、たくさんの人と出会うようになりました。

 
そして一言に「関内」と言っても、歴史的背景から言っているのか、最寄駅の名前から言っているのか、どちらなのか分からなくなったり、どちらでも良いような感覚にもなったり、たくさんの人に出会うたび、この街を取材するたびに感じ始めた一つのこと。
 

わ・か・ら・な・い

 

悩んでても進まないから

そもそも「関内」という呼称が生まれたのは、アメリカからの要求に横浜の地を開港した江戸幕府が、港のエリアを川と新たな堀で区切り、そこへの行き来に設けた関門に由来するもの。

しかし、現在では当時のそのエリアの西の端に「関内駅」ができたこともあり、人々が思う「関内」というエリアが広くなっている…。

「関内」という言葉を使っても、「関外」という言葉を使う人は少なく、関内新聞も少し変化をしなくてはならないと考えるようになりました。

 
そこで!

いっその事、歴史的な呼称発祥にちなみ、また現代的なニュアンスをくみ取り、関内新聞の新しいコンテンツとして、関外新聞も始めることにしました。

関外という呼称を用いることで、歴史的な呼称の名残を組み入れることもでき、また関内新聞の新しいコンテンツとして関外新聞を位置づけることにより、「ワン関内外」として一つのエリアで盛り上がっていけるかな…、と考えています。

 
この考えに至るまで、たくさんの方々から貴重なご意見を頂き、たくさんの書籍に目を通し編集部なりに勉強を重ねて参りました。

この街を愛する者として、もっとたくさんの情報を発信し、この街の一員として多くの方々に認めていただけるように、今後も精進して参りますので、関外新聞もご愛読いただけると幸いです。

 

ということで…、

 
本日から、取材対象エリアを拡大して参ります!!


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20140919_gindacoeye【ワンコインランチ】何と!500円玉でお釣りが来る脅威のカレー

次の記事20140923sou_eye【想見】馬車道の夜をおどろきに旨く割烹SOUで季節を思い浮かべる

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る