【想見】馬車道の夜をおどろきに旨く割烹SOUで季節を思い浮かべる

割烹SOUの南海子さん

南海子さん:
そろそろ日本酒をお召し上がりになりますか?

 
ほうほう。ナイスタイミングで、日本酒へのチェンジだ。

割烹SOUの新サンマのお刺身②

今年は夏が短かったせいか、この時期のサンマはしっかりと脂がのっている。そのサンマの刺身の味と合わせるには、やはり主役の座をサンマと争える日本酒の他にないのかも知れん。

様々な形、色、大きさをした数々の御猪口を自分好みで選ばせてくれる計らい。

その御猪口で味合うのは、宝剣

すっきりとした清涼感が、フルーティーな香りを上品にまとめ、辛口でいて柔らかい味わい。そして、その清涼感がサンマの心地良い脂を、またマイルドな甘さへと推し進めてくれる。

 
もう大満足だ!
 

割烹SOUの粟麩の田楽

パクパク隊:
ね。ねっ。
まだまだ気を遠くに飛ばして、満足を味わっている場合じゃないわよ。

 
確かにそうだな。お料理もまだメインが出てきていない。
それに、今、そこにあるキミが手を付けようとしている物はなんだ?

 
パクパク隊:
う~ん。お餅??
あ、いやお餅よりは、もう少し柔らかいかなぁ…。
 

お餅かそうでないかもわからない食感なのか?
それであれば、お餅で良いのではないのか??

 
ん??
 

餅のようであって、お餅だとは確信できない食感。その食感を、脳のデータベースが餅ではない何かとしか弾き出せない情報量の乏しさ…。

 
割烹SOUの壮平さんと南海子さん

南海子さん:
それは粟麩ですね。

 
んん??

あ・わ・ふ??

 
壮平さん:
お客様に驚いてもらえるように、いつもサプライズの一品をお出しするように心がけています。
それは粟麩を揚げて照焼き風のタレをかけていますが、それだけでないのがお分かりですか?

 
パクパク隊:
ここにもチーズね!
しかもブルーチーズですね!!

 
サプライズの一品だと?

さっきの茶わん蒸しでの驚かしでは、まだ足りないという、この貪欲さ。そこで仕掛けてくるのが、データベースに存在しなかった食べたことが無い粟麩の上に、そこにブルーチーズを組み合わせてくる、嬉しすぎるイタズラ。

少し甘く味付られたお餅にも似た食感に、ブルーチーズの風味が、意外にも意外。

しっかり日本酒にも合う!ではないか。

 
か、勘弁してくれぇ~。


お店詳細


ページ:
1 2 3 4 5

6

7 8 9

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20140919_releaseeye現代で考えると関内は広いと分かったので関外新聞はじめます!

次の記事20140929_baccoeye【抜群】本格イタリア料理を楽しく食べられるBACCOで呑んだくれる

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る