【想見】馬車道の夜をおどろきに旨く割烹SOUで季節を思い浮かべる

揚げ物盛り合わせ
割烹SOUの揚げ物の盛り合わせ

すっかりお腹いっぱい…、いや衝撃が強すぎて、驚きで息切れしてしまいそうな感じだ。

少し小休止。驚かさずに、静かに食べさせてくれ…。驚きはもう十分お腹いっぱいだ…。

 

゛(ノ><)ノ ヒィ


 

割烹SOUの松茸

ちょ、ちょっとあなた。

躊躇なくお箸をつけていらっしゃいますが、そのシェイプで何かわかっていますかね?

 
パクパク隊:
えぇ、もちろんよ!
これは松茸ね。秋の味覚の有名人!
サクっとした衣に身を包んで、松茸の風味がしっかりと閉じ込められてる。

あ、ちなみにね。
あなたが衝撃で気を失っている間に、鮑とズワイガニも美味しくいただいちゃったわよ。

割烹SOUのズワイガニ

 
パクパク隊:
ね!ズワイガニを贅沢に天ぷらにしているのよ。
揚げちゃうなんて、ちょっと勿体ないって思って口に運んだけど、あげることによって蟹の風味が増して、ちゃんと衣で包まれていることで、口の中で幸せに蟹の香が広がったわ。

 
な、なんと!

この季節の味覚の松茸だけでなく、贅沢にもズワイガニに鮑を揚げ物で出す。サプライズという域を遥かに超え、優しい顔をしたワンパク坊主が驚かせることに夢中になり、イタズラに悪戯を重ねているような行為。

 
壮平さんという、あのオーナーシェフ。
柔らかい笑顔を見せているが、相当ないたずらっ子だ。

 
 
自家製 銀ダラ西京焼
割烹SOUの銀ダラの西京焼①

おぉ。やっと気持ちを落ち着かせて、お料理を味わえる…。

あっいや、

落ち着いてコメントができるかな。

割烹SOUの銀ダラの西京焼②

銀ダラの西京焼とくれば、程よい銀ダラの脂が、漬け込んだ西京味噌の味とマッチし、甘くいて程よくしょっぱく、ホロホロの身を噛みしめる程に口の中が幸せになる。そういった味なはず。

そこにはサプライズは必要ない…、はずですよね。


お店詳細


ページ:
1 2 3 4 5 6

7

8 9

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20140919_releaseeye現代で考えると関内は広いと分かったので関外新聞はじめます!

次の記事20140929_baccoeye【抜群】本格イタリア料理を楽しく食べられるBACCOで呑んだくれる

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る