山下公園を彩る夜の花にため息ー横浜スパークリングトワイライト

7月16日(土)横浜スパークリングトワイライト2016が開催されました。

会場となった山下公園には、アジアンフードや横浜の名店の味を楽しめるグルメブースがズラリ。港の海風を感じながら飲んで食べて…最高ですよね♪


そしてこのイベント、目玉はなんと言っても山下公園の海上で打ち上げられる3,000発の花火です!色とりどりの大輪が夜空に咲くたび、あちこちから歓声やため息が聞かれました。


道を挟んだメルパルク横浜には、レストランや屋上から花火を楽しむ人たちの姿も見られましたよ。

山下公園内で花火を鑑賞する場合、打ち上げ場所に近い海側は混雑しているようですが、トイレ横のらせん階段から上ったところは比較的空いていて花火もよく見えました!なかなかの穴場なのかもしれません。

マリンタワーの足元から見ると、こんな画になりました。う~ん、いろんな鑑賞方法がありますね、横浜スパークリングトワイライトの花火は…。

ヨコハマの港の夜って、本当に花火が映えますよね…(ため息)。そして、本格的な夏の訪れを感じさせてくれます!見どころ、味わいどころ満載の関内の夏、今年も徹底的に楽しんじゃいましょう!


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事kamotsu_eye関内の古い貨物鉄道を巡るミステリー仕立てのミニトリップ~後編

次の記事20160718_baystars_eyeハマスタの売店グルメに「トリュフ風味揚げシュウマイ」が登場!

この記事の著者

岸野 ちほ

岸野 ちほ副編集長

九州生まれ九州育ち。学生時代を横浜で過ごし、横浜を第二の故郷と呼んでいる。ハマスタでアルバイトをしていたことがきっかけでベイスターズファンに。ファン歴は10年。

この著者の最新の記事

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る