【正夢】酔い締めに食べる大将の寿司で、正しく〆る一夜の遊覧。

sushihiro_001

ハシゴ酒した深夜に、渋く決めるつもりだったが、リズム良く握る大将のペースに完敗。

sushihiro_001

〆の本当の〆のアラ汁を飲んで、嬉しい完敗を静かに祝って帰る…と、する…

ん!

sushihiro_001

大将:
アラ汁って、ややもすると生臭くなることもあるでしょ。なので、アラを炙ってから使ってるんだよね。

 
なるほどな…。何か違うインパクトがあると感じたが、それはアラを炙った香ばしさだったんだな。

sushihiro_001

ふぅ~~

また見つけちまったようだな。

 
今宵の〆をシブく決めるつもりで、看板に引き寄せられるように入ったこの店で、リズム感バツグンで出てきた10貫のお任せにぎり。

普段だったらこんな深夜にこんなボリュームは食べないだろうが、あっさりと食べさせられた。そいつもきっと、優しい大将の魅惑的な「良い仕事」だったんだろうな。

sushihiro_001

それは、
当たり!だな。

満面の優しい笑顔が間違いではない証拠。

sushihiro_001

何とも何とも。

関内の街に繰り出し飲み歩いた後の、最高の〆。シブく決めるつもりが大将の魅力に乾杯する〆。

ちょっと離れたところまで来たが、最高の〆を迎えた夜を気分よく歩いて帰るとするか。

 

ショップデータ

寿し彦呂
  • 横浜市中区弥生町2-18
    ロイヤルステージST大通公園 B1F
  • TEL:045-260-6474
  • 営業時間:17:00~02:00(L.O. 01:30)
  • 定休日:月曜

 


ページ:
1 2 3 4 5 6

7

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事iccho_eyeジューシーな鶏はインパクト大!地鶏や 一鳥で大人の味わいを!

次の記事bunjiro_eye新鮮な刺身が付いたボリューム満点ランチが980円で食べられる

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。週に3度は、関内で飲み歩きしている。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。汗っかきで、暑さが苦手。

この著者の最新の記事

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る