旧暦のお正月「春節」で中華街が一年で一番盛り上がる季節になる

春節2016の提灯

旧暦の正月を祝う「春節」。今年2016年は2月8日が春節にあたり、横浜中華街では、様々なイベントが催される予定になっています。

春節2016の提灯②春節2016の提灯③
中華街のいたるところで、お正月の飾り付けが始まっています。関帝廟通りや市場通りには、道路を渡すように提灯が飾られ良いムード。

春節2016で獅子舞

7日の夜から8日を迎える時間には、カウントダウンイベントがあり、あちらこちらでけたたましく爆竹が鳴り響き、獅子舞が優雅に舞いお正月ムードを盛り上げています。

今年の春節を迎える瞬間は、関帝廟の隣にある横濱中華学院の校庭で、獅子舞と一緒に過ごしました。ものすごい人だかりで、獅子舞を綺麗に撮影することができませんでしたので、次に向かったのは媽祖廟の裏手にある山下町公園。

春節2016で獅子舞②春節2016で獅子舞③
こちらにも、同様にたくさんの人が出ていましたが、獅子舞が人波をかき分けてカメラの方に出てきてくれました。日本の獅子舞とは違って、カラフルな獅子舞。おまけに額には電飾がついています。

春節2016で媽祖廟にお参り

さてお正月といえば初詣。日本でも神社や寺院にお参りして一年間の安全や健康、幸運などを祈願します。中華街には2つの廟があり、これらが日本の神社や寺院に当たります。

…ということで、

まずは媽祖廟にお参り。

春節2016で媽祖廟にお参り②

開運セットと言われ販売されていたお線香と金紙を購入。媽祖廟では1,000円で販売されていました。

春節2016で媽祖廟にお参り③春節2016で媽祖廟にお参り④
このセットを購入した人は、神輿の下をくぐってお参りを開始します。

春節2016で媽祖廟にお参り⑤

お線香は全部で5本。その数と同じだけお線香をお供えする炉が準備されています。1番から順番にお線香を炉に立て、今年の幸福を祈願します。

春節2016で媽祖廟にお参り⑥

5か所にお線香をお供えした後は、媽祖廟の本殿の中へ入り、媽祖様をはじめ複数の神様に祈願。

春節2016で媽祖廟にお参り⑦春節2016で媽祖廟にお参り⑧
最後は金紙を炊き上げで燃やし神様に届けます。金紙は日本でいう、お賽銭みたいなもの。それを火で燃やししてお供えするという儀式で、お参りに本腰を入れます。


ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20160205_bay_eyeマスコットキャラクター「マリンくん」限定復刻! -ベイスターズ

次の記事kodama_eye【香煙】優しく包みこんでくれるこだま堂にランチオアシスをみる

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る