2015年11月28日

テキーラコンペへ関内所縁のバーテンダーの応援に行ってきました

ページ数(1/2)
森本 康司 森本 康司

2015年11月23日にワークピアで開催された日本バーテンダー協会(NBA)横浜支部主催の第5回プレミアムテキーラカクテルコンペティションへ関内に所縁のあるバーテンダーが多数挑戦。その雄姿を見に熱烈応援にいってきましたので、一部始終をレポートします!

2015年11月23日勤労感謝の日に、日本バーテンダー協会神奈川県本部横浜支部が主催する『第5回プレミアム・テキーラ・カクテルコンペティション』がワークピアで催されました。

事前に入手したパンフレットにより、関内に所縁のあるバーテンダーが多数挑戦すると情報を得ていたので、その雄姿を見に熱烈応援に行ってきました。

テキーラコンペの会場の様子

ワークピア2階の大広間で行われるコンペ。会場はたくさんの来場者がお目当てのバーテンダーの応援に来ていました。

前売りか当日に購入したチケットで入場。会場にはこのイベントに協賛しているメーカーの協賛ブースが出ていて、観客はそれらのブースで好みのお酒を楽しみながら、バーテンダーの応援に興じています。

バーテンダー一堂

この日のテキーラ・カクテルコンペティションに挑戦するバーテンダーは、全員で10名。開会に際して入場したバーテンダーを写真に収めると、関内に所縁のあるバーテンダーが半数を占めていました。

と、言うことで…、

熱烈!応援!!

バーテンダーの雄姿を写真に収めながら、心の中で「かんばれ!」と叫んで応援です。

テキーラコンペのステージ

このコンペでは、バーテンダーが2名1組で順にステージに登場。日頃から研鑽を積んでいる技術を惜しげなく披露します。

ただ日頃とは違うのは、どのバーテンダーも表情がとても強張っている…、そう緊張しているのです。

それもそのはず、このステージで作るカクテルは審査員によって評価され、かつ順位が付き表彰される。その名誉を掛けて一生懸命にカクテルを作ります。

テキーラコンペの審査員①

緊張するのは当たり前…。ステージに一番近い最前列では、審査員の厳しい目が光ります。バーテンダーにとっては、応援に来ている観客よりも近くにいる審査員の目が気になってしまうでしょうね。

この日の審査員の中にも、関内に所縁のあるバーテンダーが2名も座っていました。

審査員席の中央に座り、一際厳しそうな視線を送っているのは、小紙が協力メディアとして関わっている「カクテル・ショウ」に登場したThe Bar CASABLANCA山本 悌地さん。そして、その左にいるのは、同じくカクテル・ショウに登場した世界一になった経歴を持つBar Noble山田 高史さん。

このお二人を含む厳しい審査員を目の前にして、各バーテンダーは持てる技術を披露します。

加藤 隆紘さん

加藤 隆紘 さん

齊藤 崇眞さん

齊藤 崇眞 さん


さていよいよ競技開始。

初っ端の一組目からいきなり関内勢が登場です。まず登場したのは、今年6月27日に放送されたTV東京の「出没!アド街ック天国」で16位の「美味しいBAR」の中で紹介された、QUEEN−MERRYの加藤さん。そして小紙でも過去に取材をした、「Bar NORGE」の現店長の齊藤さんが登場。

いきなり関内勢同士の登場に、ファインダーで追いかける手が汗でびっしょりです。

テキーラコンペの審査員②

普段お店に伺った時の柔らかな雰囲気で、バーテンダーさんと楽しくお話しさせて頂いている空気とは全く違うのは、やはり選手が皆、真剣にカクテルを作っている為と、何と言ってもこの審査員の方々の厳しい眼差しのせいですね。

石井 樹々生さん

石井 樹々生 さん

古林 圭介さん

古林 圭介 さん


一組目が終わってもドキドキしながらファインダーを覗くシーンが継続します。

何と二組目に登場する2名のバーテンダーも共に関内勢。何とも酷な組み合わせが続いてしまいました。

3番目の選手は、Bar Day Cocktailで働く石井さん。そして4番目に登場した古林さんは、Bar NORGEを取材した時にお店で働いていたバーテンダーさんです。

テキーラコンペの審査員③

石井さんも古林さんも、さすがにこの審査員の厳しい眼光の前に、緊張した様子でカクテルを創作していました。ファインダーを覗きながら、「普段通りに頑張って!」と願っていましたが、この心の声は届いたでしょうか。

1ページ 2ページ