見どころ満載、海から見た関内・象の鼻エリアの夏休み自由研究!

編集長から取材の宿題が出されたので、題材を探しに象の鼻パークまで出かけてみました。緩やかな斜面に佇んでいると、目の前には開放的な公園、港の雰囲気を感じる防波堤、そして夏の雲が広がっている。

気持ちいい〜!

気持ちがいい天気に誘われて、象の鼻パークを、何かないかと散歩。

そうそう、夏と言ったら、海。そうだ、海から見た関内の景色はどうなっているんだろう。
 
すると目の前に船が…、さっそく乗船してみました。

出港すると、すぐ右手に象の鼻の由来となった防波堤が見えてきます。

そして、左手には赤レンガ倉庫が見えます。

さらに前方には、大さん橋があります。普段ならすぐに「くじらのせなか」が見えるはずなのに、なぜか目の前に迫る建物、、、いやでっかい客船ではないですか。

実はなんと、この日はダイヤモンドプリンセスが停泊していました。

わぁ〜豪華…

いつかは乗りたい!いや、乗ってやる!などと、一人想像しながら船はどんどん次に進んでいきます。

ちなみに大さん橋には以前クィーン・エリザベスが入港したことがあるんですよ。

次に見えてきたのは氷川丸!横浜といえば氷川丸、というほど有名ですよね。

氷川丸はいつも後方からしか見たことがないけれど、海から見ると船の全容が見てとれます。86歳となる今でも船体は優美、本当に美しい船です。

でも、傍にある白い灯台はなんだろう、、、

調べてみると、その灯台は今は廃灯していますが「横浜東水堤灯台」、通称白灯台というそうです。設置当初は赤灯台と共に横浜港を守っていましたが、山下公園埠頭建設の際撤去されて、現在の場所に移設されたそうです。

灯台繋がりで横浜港にはいくつかの灯台がありますが、この白灯台と対になっている灯台がみなとみらい方向に行くとあります。

それが赤い灯台です。

この灯台は明治29年に横浜港で最初に出来た灯台で名称は「横浜北水堤灯台」通称、赤灯台と言われています。こちらは設置から100年経った今でも現役で横浜港を守っているのです。

さらに船はどんどん海へ行きます。

ここから陸側を見ると、、、


ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事ec4つの聖獣が宿る神秘の門-中華街を守る10基のシンボル「牌楼」

次の記事ec<観測史上最高>今日の横浜の最高気温が37.4℃を記録しました!

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る