ココが「関内」と「関外」の境界線!隠れ歴史スポット「吉田橋」

あなたは知っていますか?「関内」の範囲

横浜DeNAベイスターズの応援歌が流れ、「かんないー、かんない、です」のホーム放送のアクセントがちょっと気になるJR根岸線の関内駅。

わたしたちがなんとなく「関内」と呼んでいるこの一帯、どこからどこまでが「関内」なのか元々はしっかりと定義があるのをごぞんじですか?

さらには「関内」に対して「関外」までも存在し、その明確な境目も現存するのです…!生粋のハマっ子の友人に聞いても「初めて知った!」と言われたこの事実、もう少しくわしくご紹介します。

「関内」の「関」は「関門」の「関」

横浜は言わずと知れた開港の街。ズバリ、その開港場があった区域が「関内」です。現在の地図で定義すると、大岡川、首都高、中村川、そして海に囲まれたエリアがそれにあたります。

「関」は関門を意味し、開港場にあたる関門の内側(港側)がおなじみの「関内」。そしてその外側が「関外」と呼ばれました。この「関内」と「関外」を分ける境目は史跡とともに今も存在します。それがイセザキモール関内駅側入り口にある「吉田橋」なのです。

吉田橋史跡

思わず通り過ぎてしまいそうですが、橋の途中にはしっかりと史跡が!

吉田橋

「関内」側から望む「吉田橋」。

橋脚のない鉄橋は、吉田橋が日本初!

吉田橋は1859年に「関内」と「関外」を結ぶ橋としてかけられ、ここに関門が設けられました。

その後、交通量の増加により丈夫な橋が必要となり1869年に新橋に。イギリス人技師リチャード・H・ブラントンの設計でかけられたこの新橋は、日本で最初に作られた橋脚のない鉄橋として「鉄(かね)の橋」と呼ばれ親しまれてきました。

鉄の橋

吉田橋を駅側に渡ると、高架下に「鉄(かね)の橋」についての解説があります。

ちなみに当時の開港場につながる関門は合計4か所。ほかに谷戸橋、前田橋、西ノ橋の3つがあるのですが、吉田橋が主要の出入り口だったそうです。

ところで「関外」はどこなの?

さて、吉田橋を隔てて港側にあたる「関内」に対し、その外側にある「関外」。野毛・初黄・日ノ出・伊勢佐木・元町・石川町・寿・不老町・浦舟町・阪東橋と日枝神社の周辺を「関外地区」と指すようです。

これら一帯はもともと海でしたが、江戸時代前期に材木商の吉田勘兵衛(よしだかんべえ)により開墾、埋め立てられ、その区域は「吉田新田」と言われています。この埋め立て事業は幾度にわたる大岡川の氾濫で困難を極めたそうで、横浜の発展の礎を築いた先人には感謝しなくては…と感じさせられます。

前出のハマっ子の友人に聞いたところ「吉田新田」や「吉田勘兵衛」は学校で習うそうで…。ハマっ子の間では名の知れた偉業・偉人なのですね。

日頃ざっくり「関内」と呼んでいたこの地域。その歴史をひも解くと、横浜の開港の歴史と固く結びついていることがわかりました。吉田橋を前に「この先が開港場だったのか~」なんて思うと、なんとも言えないノスタルジックな気分を味わえるものです。開港の街、奥が深い!


ところで冒頭にとりあげたJR根岸線関内駅の「かんないー、かんない、です」のホーム放送、アクセントが後ろにきていることにお気づきでしょうか?

わたしは日頃の会話で「関内」と発するときには「か」にアクセントを置くため、いつも若干の違和感を覚えていました…。今回の調査を経て、ひょっとしたら「関内」の由来に何か通じるものがあるのかも…!?と思い駅員さんをアポ無しで突撃。

駅員さんからの回答は、「いえ、特に何が正しいとかは無いと思います…」とのことでした(笑)。

ちなみに市営地下鉄関内駅のホーム放送は「か」にアクセントがきています。機会があればこの件についても調査してみたいなんて思った次第でした。


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事夜を彩る光の回廊「イセザキ☆ライト」~クリスマスコンサートも

次の記事お三伝説とともに関外を守る~開拓の守護神「お三の宮日枝神社」

この記事の著者

岸野 ちほ

岸野 ちほ副編集長

九州生まれ九州育ち。学生時代を横浜で過ごし、横浜を第二の故郷と呼んでいる。ハマスタでアルバイトをしていたことがきっかけでベイスターズファンに。ファン歴は10年。

この著者の最新の記事

関連記事


近日のイベント

4月
29
11:00 AM Handmade Market@cafe/dinningPLUS+
Handmade Market@cafe/dinningPLUS+
4月 29 @ 11:00 AM
Handmade Market@cafe/dinningPLUS+ @ cafe/dinning PLUS | 横浜市 | 神奈川県 | 日本
イベント詳細 開催日:2017年4月29日(土) 場所:cafe/dinning PLUS(横浜市中区蓬莱町3-107-1 モナーク関内大通り公園前1F) 出店:Palm trees/SHinetieees Glitter/Rosetime/アミュレット/ハンドヴェルカー
5月
16
7:00 PM 四角いピザ ライブパーティー@Bar...
四角いピザ ライブパーティー@Bar...
5月 16 @ 7:00 PM
四角いピザ ライブパーティー@Bar NORGE @ Bar NORGE | 横浜市 | 神奈川県 | 日本
イベント詳細 開催日:2017年5月16日(火) 場所:Bar NORGE(横浜市中区山下町217番地) バンド:ボーカル:Maria Fanouraki/キーボード:岩本 整/バイオリン:土屋 涼 Live:19:30〜19:50/20:30〜20:50/21:30〜21:50 主催者コメント BAR本牧イタリアンガーデン(IG)が提供し続けてきた四角ピザに、様々な店舗の個性を加え、皆様に楽しんでいただく企画がついにIGオーナー八木さんの発案により始まりました。 NORGEでは四角ピザに、ノルウェー産のチーズやサーモンを加え、提供させていただきます。 その記念に、本牧が産んだミュージシャン マリアさんをお招きして、5月16日(火)に本牧四角ピザNORGE販売記念ライブパーティーを行います。 中華街NORGEで、マリアさんの歌声と美味しい四角ピザとお酒を、皆で楽しみましょう。 関連記事 IG(イタリアンガーデン)で初めて本牧の夜を満喫してきた(本牧新聞)
5月
27
12:00 PM 日本酒交流会 福祝の会@地酒や文次郎
日本酒交流会 福祝の会@地酒や文次郎
5月 27 @ 12:00 PM – 3:00 PM
日本酒交流会 福祝の会@地酒や文次郎 @ 地酒や文次郎 | 横浜市 | 神奈川県 | 日本
イベント詳細 開催日:2017年5月27日(土) 場所:地酒や 文次郎(横浜市中区尾上町3-40 第二柳下ビル1階) 時間:12:00~15:00(11:30 Open) 会費:4,500円 定員:30名様 主催者コメント ― 「国酒」日本酒をもっと身近に!もっと楽しく!! そんな思いから、実際に日本酒を造る蔵人のお話を聞きながら楽しい時間を共有できるよう、月に一度の蔵元交流会を開催しています。 第四十五回は、千葉県君津市「藤平酒造」より藤平淳三さんをお迎えします。 創業1716年、古くから城下町として栄えた千葉県久留里(くるり)の町は「久留里の名水」が湧き出る地域として知られています。 明治時代に伝わっていた上総掘りという井戸掘り技術を使って深さ数百メートルの井戸が掘られ清く湧き出る名水は、昔から現在に至るまで人々の生活の源として欠かすことのできないものになっています。 この名水をもとに福祝は醸されています。 参加ご希望の方は、電話にて申し込みください。 ※当会は前売制につき、キャンセルはお受けかねます。予めご了承下さい。 関連記事 【北雪】日本酒の会では美味しいお酒が存分に味わえるジャン! 【意地】頑なな職人魂が出汁にしみ出るおでんを食わす文次郎! まるでフレンチ!?想像を超えた一皿が登場するおでん屋「文次郎」
ページ上部へ戻る