地下鉄ブルーライン記事一覧

  • 2016年12月17日

    横浜市営地下鉄ブルーライン関内駅のホーム番号が飛び飛びの理由

    横浜市営地下鉄ブルーラインの関内駅は、なぜか地下2階に2番線ホーム、地下3階に4番線ホームという構造になっています。なぜわざわざ上りと下りでフロアまで分け、しかも偶数番線しか存在しないのでしょうか?一体過去に何があったのか調べてみました。

  • 【広告】

    関内新聞に広告を掲載しませんか?

    関内エリアでビジネスを行っている企業様、関内エリアに在住在勤の方に自社商品をPRされたい企業様は、ぜひ広告出稿をご検討ください。当サイトへのアクセスの8割以上は、横浜からのアクセスです。そのため、地域にフォーカスした効果的なPRが可能になっています。

エリアから記事を探すArea Search