ワインボトルが燈る頃、ポンテ(橋)を渡り異空間へと誘われる。

「秋の日はつるべ落とし」。夕刻も18時になり、ほんのり燈り始める関内。一軒のイタリアンレストラン、Ponte(ポンテ)のオープン時間だ。

階段をおり、そのドアを開く。

店に入りまず目に飛び込む、ゆったりと椅子が置かれた奥行きの広いダイニングカウンター。その向こうに明るく開かれたオープンキッチン。そこで忙しく手を動かすシェフの姿とは対照的な静寂を保つテーブルは、街の喧騒から逃れ四次元の世界に渡ってきた…。

そう、あの階段、あの扉は異空間へのポンテ=橋だったのか。

特筆したいのはワイン。設えられたセラーには約600本のワイン。すべてイタリア産だ。

さらに店内にもセラーが置かれ、料理に、そして好みや気分を(もちろん価格も)伝えワインを選んでもらえる。

毎日決められたグラスワインはなく、希望を伝えれば応えてくれるオーナーソムリエの橋本氏に相談しよう。イタリアワインのエキスパートだ。

2016年6月、関内の某有名イタリアンレストランから独立オープン。プロフェッショナルとしてのソムリエ歴は15年。

この業界に足を踏み入れてからというもの、イタリア料理店での経験が畑となり、実となったのがイタリアンレストランのオーナー。

旬の素材を活かした調理でおもてなしをしたいとの思いで、あえてイタリアの地方色にこだわらない。

食事のオーダーは、1人前プレートをふたりでシェアするスタイル。もちろん、ひとりひとり別皿に盛られ供出される。

アンティパスト、パスタも肉料理もこのスタイルで、負担なくコースのように料理が楽しめるという、日本人の嗜好を経験から知る橋本氏の気遣いが感じられる。

 
さあ、料理とワインのマリアージュの一部をご紹介しよう。

まずは冷たい前菜から、アイナメのカルパッチョ。ワインはヴェルデッキオ・デ・カステッリ・ディ・イエージ。

フレッシュトマトソースと柚子をきかせたソースで爽やかさとアクセントを、オリーヴオイルで旨みをコーティング。しっとりとしたアイナメの身が舌の上に乗ると、体温でじわーっと甘みが口に溶け広がる。

ワインはイタリア・マルケ州の地ぶどう、ヴェルデッキオ。

フレッシュな柑橘系のニュアンスを持つワインで、シーフードに相性が良いとされている。

今回こちらでいただいたヴェルデッキオ・デ・カステッリ・ディ・イエージは、柑橘系といってもレモンやライムといった若さばかりが際立つものではなく、淡い山吹の色調を持ち、心地よい酸、そしてアーモンドのような香ばしさが、フレッシュなアイナメのひと皿に奥行きを与えている。

お店詳細


ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事いt「旨い酒と熱いライブで盛り上がろう」YokohamaSakeRockFes開催!

次の記事kotei_eye昔ながらのパン屋さんスタイルを貫くコテイベーカリーのシベリア

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る