2015年8月28日

【日課】毎日使いができるルーティンで非日常的な安らぎを感じる

ページ数(1/6)
森本 康司 森本 康司

あらゆるところに手間を惜しまないオーナーが叶えた安らぎと寛ぎ。ひと際煌びやかな弁天通に新たに登場したルーティンは、アジアンテイストの料理の数々と自家製酵素ドリンクで健康的に飲める上、音楽LIVEまで楽しむことが出来る日常使いできるお店でした。

今年の夏はうだる様な暑さが続いているせいか、街を歩き回るというよりは気分を信じ目的を定めて繰り出すことが増えた。

関内桜通りや相生町通りなど賑やかな通りは数多くあれど、関内と言ったらやはり弁天通なんだ…と勝手に決めつけ歩くようになった気がする…。それはやはり夜の帳が下りれば、弁天通と関内桜通りのコンビニのある交差点がひと際煌びやかに見えてしまうからだろうか。

 
久しぶりに関内でメシが食べたい!とあの子が連絡してきたもんだから、待ち合わせは『その』煌びやかな交差点にし、暗くなった夜空が眩い光に包まれる“辺り”を見回して待つ。

※あの子とは少し登場が少なくなっているが、関内新聞のグルメカテゴリのネタに時折現れるモグモグ隊のこと。

なかなか現れないあの子に少しイライラしながら、煌びやかな方に目をやってみると、その煌びやかな要因を作っているビルのテナント看板が目に飛び込む。

ルーティンの外看板

ふむ…?

あまり詳しい訳ではないが、ついこの間までには無かったある看板に目が留まる…

店看板がたくさんあるから見落としていたのだろうか?と、何となく気になった洒落たロゴに気を取られていると…

バシっ!
ヘ(__ヘ)☆\(^^;

 

そこへ主演女優並みに、「主役は最後に登場する」と物語る表情をしたあの子が登場する。

ノッケから何を突っ込んでくれちゃっているんだと、思わず文句を言ってやりたいところだが、煌びやかな要因であるテナント看板に見つけたシャレたロゴが気になり過ぎて、それどころではない。

ルーティンに登る階段

看板に書かれたように、階段を2階へと足を運んでやったその先に…

ルーティンの外観

ビシっビシっと、更に気になるワインレッドの看板を見つけ、あの子の了解も得ずに今宵のメシ処が決まってしまう。

いざ、ルーティンの店内へ

階下の外看板や店の扉の上に付いた看板のワインレッドとは一変した店内。

ルーティンの店内①

それはまるで深海に小さな潜水艇で潜って見る景色のよう。

ルーティンの店内②

壁は深い緑がかかった青に、カウンターやテーブルは艶っぽいシックな木調。

ルーティンの店内③

その木調が床にまで統一感を持って行き渡り、そしてその床の先に、この木調全てがコヤツのために仕組まれていると感じさせる主役級の楽器が鎮座する。

お店詳細

目次に戻る