2019年9月18日

弁天通に新たな麵屋「つけ麺 山崎」がオープン!

猫木智美 猫木智美

2019年9月10日に「つけ麺 山崎」という名の麵屋が弁天通3丁目にオープン!早朝6時から営業という少し変わったスタイルの新店で、こだわりの「昆布水つけ麺」をいただきました。

早朝6時オープンの「間借り営業」というスタイル

この場所は「焼き鳥と地酒 だるま」さんが営業されている場所。その跡地にオープンされたのかと思いきや、夕方お店の前を通ってみると「つけ麺山崎」の看板はなく、「焼き鳥と地酒 だるま」さんが営業していた。

「え?ちょっと待って!場所は合ってるのに…」と思ったのですが、少ない情報を頼りに「つけ麺 山崎」をリサーチしてみると、営業時間は早朝6時から14時と書かれいて、間借り営業なのだと知りました。

翌朝、9時半頃に訪問。すでにお客様が…。

店内は黒を基調とした落ち着いた雰囲気。2人席と4人席のテーブル席もあり、またカウンターは奥行きがしっかりあり、ゆったりとしています。

つけ麺 山崎①

看板メニューは昆布水つけ麺

「つけ麺 山崎」は、つけ麺専門店ではなく、醤油ラーメンや塩ラーメンもメニューにあります。塩ラーメン好きの筆者はそれらに目がいってしまいそうでしたが、初訪問だしここはひとつ看板メニューをいただいてみようと、「昆布水つけ麺」と「味玉」の食券を購入し席に着きました。

つけ麺 山崎②

つけ汁は塩か醤油が選べるとのこと。ここは迷わず「塩で!」とお願いしました。

運ばれてきたお膳には、シックな器が数種類乗っていて、そのなかでも独特な形をした器に麺が美しく盛られていました。

つけ麺 山崎③

お品書きと一緒に置かれていた「昆布水つけ麺の心得」を読みながら、食材はもちろん、器にまでにこだわった極上つけ麺をいただきます。

「昆布水つけ麺の心得」に沿っていただきます

つけ麺 山崎④

まずは麺に昆布水をかけるところからスタート。

つけ麺 山崎⑤つけ麺 山崎⑥

昆布水を麺になじませたら、麺をひとすすり…。小麦が香ります!

そして小鉢に盛られた塩とワサビを少し乗せてもうひとすすり。ツヤツヤでキリッと引き締まった麺の小麦の香りがさらに引き立てられます。

このまま塩とワサビで食べ終えてしまいそうなほどでした。

続いてつけ汁に漬けていただきます。

高級鶏「軍鶏ロック」を使用しているとのことで、上質な鶏脂の甘味とパンチの効いた鶏のうま味と香りが、昆布水に浸かった麺とマッチ。どちらも負けないどころか相乗効果でお互いを引き立てあっていました。

つけ麺 山崎⑦

〆は鰹一番だしの 「追いスープ」でスープ割。

細部までこだわりの見える「昆布水つけ麺」。素材の味を楽しんだ後はお好みで味を変えながら最後まで楽しめる一品でした。

朝まで呑んでいた方の〆や…朝食としても良いのではないでしょうか?

筆者は全メニュー食べてみたいので通う予定です(笑)

ショップデータ

つけ麺 山崎
  • 横浜市中区弁天通3-39
    ライオンズマンション関内第2 1階
  • 営業時間:6:00~14:00
  • 定休日:日曜


この記事の著者

猫木智美

猫木智美

横浜に魅せられて移住。特に新旧入り混じる関内、馬車道エリアが大好き。健康に気遣いながらもお酒とラーメンがやめられないマイペース女子。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る