横浜インターナショナルカクテルコンペティションで凄い技を見る

秋晴れの空に恵まれた10月の三連休最終日。10月12日(体育の日)にワークピア横浜で開催された「横浜インターナショナルカクテルコンペティション2015」に潜入。約70名のバーテンダーが披露する様々な技術を目の当たりにしながら、会場に来ている観客と一緒に緊張感を味わってきました。

バーテンダー入場

司会者の合図とともに、コンペティションに登場するバーテンダーが入場。

審査員

その様子を鋭い視線で見つめる審査員の方々。

実行委員長

実行委員長による開催のあいさつが始まると、会場に広がる緊張感がMAXになります。

バーテンダー一同

約70名のバーテンダーが勢ぞろいした開会の瞬間。約60名がクラシック部門に、約10名がフレア部門で腕を振るいます。

クラシック部門

競技模様①

競技模様②

クラシック部門では、一度に4名のバーテンダーが登壇し、決められた時間内にカクテルを作ります。カクテルは全てオリジナルのレシピで、審査はカクテルの味の他、作る際の技術にもおよびます。

競技模様③

競技模様④

色鮮やかなカクテルを作る姿は、真剣そのもの。それもそのはず、バーテンダーの目の前には先ほど厳しい視線を送っていた審査員が審査を行っているから。

競技模様⑤

洗練された技術を丁寧に繰り返し、真剣な眼差しの先で出来上がりつつあるカクテルはどれも美味しそう。

競技模様⑥

またこのコンペティションは、インターナショナルとタイトルが付いていることもあって、台湾から数名のバーテンダーが参加をしていました。


ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事yokohamabashi_eye昔ながらの人情味と活気溢れる“ハマの台所”「横浜橋通商店街」

次の記事fmw_eye横浜ラジアントホールで大仁田厚の有刺鉄線ファイトに超ビビる!

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る