2018年3月27日

本日の満開の桜を追いかけて~山下公園・開港広場~

森本 康司 森本 康司

昨日に引き続き暖かい一日になった今日。咲き誇る桜を探して街を散策してみました。山下公園から海岸通りにかけて、見事に咲く桜を見つけましたので、一挙ご紹介。

山下公園の枝垂れ桜

まず最初に向かったのは、お昼を少し過ぎた時間の山下公園。春休みという事もあってか、いつもにも増して大勢の方が訪れていました。

ホテルニューグランドの向かい。噴水がある広場の横に、枝垂れ桜が見事に咲き誇っていました。3本ある桜は全て満開。

多くの人が桜の木の下にあるベンチでくつろぎ、スマートフォンを向けて桜の写真を撮っていらっしゃいました。

創価学会神奈川文化会館の前の桜

海岸通り沿いにある創価学会神奈川文化会館の前の桜。歩道にせり出すように育った見事な桜が満開。

山下公園を横目に、まっすぐに伸びる海岸通りの歩道を歩くのも良いかも知れません。

この桜の下に到着すると、青空さえも淡いピンク色に変わるほど、見事な咲きっぷり。今日が見頃かも知れません。

開港広場の桜

関内エリアの桜で、最も有名かも知れない桜。それが開港広場の桜です。

桜の下には水場があり、水が流れ落ちる上に咲く桜は圧巻です。

観光客なのか、近隣にお勤めの方々なのか、大勢の人が桜の木をバックに写真を撮っていました。

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。近頃は、見様見真似でシェーカーを振ったり、料理をしたりすることが多くなった。お酒の空瓶で作るBottle Ware Artにハマっている。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る