2018年7月13日

横浜文化体育館の向かいにあるハマカゼ拉麺店を食べてきた

森本 康司 森本 康司

横浜文化体育館の向かいに新しいラーメン店ができたと、読者の方から情報提供があり、早速ランチに食べに行ってきました。横浜らしいネーミングのお店に期待は高まる一方です。

浜風が吹いてきそうなオシャレな外観のハマカゼ拉麺店

ハマカゼ拉麺店の外観横浜文化体育館の向かい。不老町の交差点を入った直ぐのところに、ハマカゼ拉麺店というお店があります。

読者の方からの情報を聞き、連休前のランチに出かけてきました。

ハマカゼという店名通り、紺の暖簾は浜風を感じさせてくれます。横浜らしいネーミングのお店だけに、外観からも期待の高まりを感じずにはいられませんでした。

メニューは中華を思わせるようなラインナップ

ハマカゼ拉麺店の券売機オーダーは券売機スタイル。店内に入ると、カウンターが14席ぐらいあり、木目が美しいカウンター板は奥行きもたっぷり。のびのびとラーメンを楽しめる、落ち着いた空間になっていました。

初めての来店のため、何にしようかと迷いましたが、当店おすすめと書かれているパーコー麺を頂くことに…。

中華料理のお店を除き、ラーメン店でパーコー麺があるのは珍しいと感じつつ、カウンターに座りラーメンを待ちます。

パーコー麺(1,000円)

食券を渡してオーダーが通ると、麺を茹でる前にぱちぱちと油の跳ねる音が聞こえ始めます。パーコー麺の主役の豚肉を揚げている音です。

ラーメン店に入って、油の音を聞くことも少ないので、ちょっとワクワクしながら待っていると、きらきらと輝くラーメンが現れました。

ハマカゼ拉麺店のパーコー麺

ちょっぴり生姜の香りがしたスープに、この豚肉が良く合い、ツルツルと麺をすすってしまいました。普段はラーメンは大盛りを頼む筆者ですが、普通盛りでも大きな豚肉があるので、お腹は満足。

ガッツリとラーメンでお腹をいっぱいにしたい時には、嬉しいラインナップかも知れません。

ショップデータ

ハマカゼ拉麺店
  • 横浜市中区不老町1-6-6
  • 営業時間:11:30~15:00/17:00~21:00
  • 定休日:月曜

※ ショップデータは同ショップ店頭からの情報です。


この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。近頃は、見様見真似でシェーカーを振ったり、料理をしたりすることが多くなった。お酒の空瓶で作るBottle Ware Artにハマっている。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る