2017年10月3日

Bリーグ開幕!横浜ビー・コルセアーズvs滋賀レイクスターズの一戦はいかに

星奈 あや 星奈 あや 山本 貴洋 山本 貴洋

昨年から始まったBリーグ。昨シーズンは大盛況に終わり、待望のセカンドシーズンの幕が開けました。横浜ビー・コルセアーズの開幕戦は、9月29日(金)地元横浜にある横浜文化体育館でおこなわれました。横浜ビー・コルセアーズvs滋賀レイクスターズの様子をレポートします。


開幕戦は地元横浜にある横浜文化体育館で行われました

横浜文化体育館はJR関内駅から近く、とても交通の便もよくアクセスしやすい場所にあります。地元での開幕戦をずっと心待ちにしていたブースターは、開場前から長蛇の列を作っていました。

ビー・コルセアーズ開幕戦

オープニングセレモニーはもちろんあの人も!

オープニングセレモニーでは、オフィシャル応援ソングを昨年に引き続き歌っている歌手のEyes’さんが登場。

ビー・コルセアーズ開幕戦

Eyes’さんによる「We are B-CORSAIRS」が披露されました。

この曲はブースターにとても人気があり、横浜ビー・コルセアーズを盛り上げるにふさわしい一曲です!ラップ部分では選手一人一人の紹介もあり、バスケットボールの応援にふさわしい曲調で、会場を盛り上げます。

いよいよ選手入場

幻想的なライトアップの中で公式チアリーダーズ「B-ROSE」のパフォーマンスが行われ、選手が一人づつ登場してきます。

ビー・コルセアーズ開幕戦

選手が全員が揃いました。

いよいよ、開幕の時が近づきます。待ちわびた開幕戦に、会場の熱気も最高潮です。

ビー・コルセアーズ開幕戦

前半戦は横浜ビー・コルセアーズがリード!

スターティング5は細谷将司、高島一貴、蒲谷正之、湊谷安玲久司朱、ジェイソン・ウォッシュバーン。

1Qではウォッシュバーンのダンクも決まり、スピードを感じる展開で20-13で終了。

ビー・コルセアーズ開幕戦

2Qでは新加入の外国籍選手ハシム・サビート・マンカがついにベールを脱ぎ、コートの上に立ちました。

サビートはなんと!Bリーグ最長身長の221cmです。

ビー・コルセアーズ開幕戦

サビート選手はその長身を活かしたブロックショットで会場を沸かせ、来日初となる得点も決めました。

ビー・コルセアーズ開幕戦

2Qは37-28とリードしたまま前半は終了。

後半に流れが一転

ターンオーバーが続き、横浜のリズムが失われていき、ミスショットも増え、3Qではついに46-48と逆転をされてしまいます。

ビー・コルセアーズ開幕戦

4Qでも滋賀の勢いは止まらず、56-73で試合終了。

ジェイソン・ウォッシュバーンがチーム最多の19得点。ハシム・サビート・マンカが11得点。

サビートは来日から間もないことから、チームで一緒に合わせたのはわずか10回程度だそうで、その中で11得点はかなりいいスタートを切ったのではないでしょうか。今後チームにも馴染んでいき、その長身を生かした活躍に期待したいです。

試合後に古田HCのインタビュー

「後半になるとシュート率が下がってしまい、流れを失い、昨年と同じような展開で敗れてしまった。今シーズンはタイムシェアをしながらフレッシュな状態の選手をコートに送りこんで、色々な組み合わせを見ながら起用していくつもり。時間はかかるかもしれないが、このやり方で今シーズンのチームを作っていきたい」と語っていました。

ビー・コルセアーズ開幕戦

初陣は勝利ならず…

まだまだ始まったばかりのシーズン。

今シーズンはチャンピオンシップに出場するためにも、ぜひチーム一丸となって勝利を掴んでほしいです。バスケットボール観戦はコートや選手との距離も近く、迫力があるので、他のスポーツ観戦では味わえない魅力がたくさんあります。

改めて、会場の雰囲気や試合の迫力に感動し、また応援に行きたいと思えるパフォーマンスや試合を見させていただきました。

セカンドシーズンが開幕したばかりのBリーグ。是非一度横浜ビー・コルセアーズを応援しに足を運んでみてはいかがでしょうか?

この記事の著者

星奈 あや

星奈 あや

神奈川県生まれ。関内の街で、美味しいものを食べることお酒を飲むことが大好きです。学生時代はバスケットボールをやっていました。趣味は、野球観戦とBリーグのバスケットボール観戦。ベイスターズが、日本一になるのを心待ちに応援しています。

山本 貴洋

山本 貴洋カメラマン

横浜生まれ横浜育ち。歴史的建造物、重要文化財。名所は数々有るけれど…、「関内」の特別な空間が堪らない。そんな素敵な空間を少しでも紹介出来ればと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る