2018年3月26日

これからが見頃!大岡川に咲く桜を見ながら屋台で舌鼓

森本 康司 森本 康司

今年もこの季節がやってきました。関内エリア屈指の桜の名所。大岡川沿いに咲く桜がそろそろ見頃を迎えます。満開になっている木もチラホラありましたが、多くの木はまだ5分咲き程度。今日の暖かさで、一気に満開になりそうです。

今年も大岡川の桜が見頃に!

大岡川のさくら祭り大岡川のさくら祭り

大岡川に沿って咲く桜。関内エリア屈指の桜の名所です。

今年もいよいよ見頃を迎えるこちらの桜。川の水面に桜の花びらが浮かび、何とも言えない風景を楽しむことができます。

大岡川のさくら祭り大岡川のさくら祭り

今日(2018年3月26日)に見に行った感じでは、大半の木はまだ5分咲き程度。満開に花をつけている木もありましたが、まだまだ満開になっていない木の方が多い感じがしました。

暖かい日ですので、これから一気に花が咲きそうな気配。この数日で見頃を迎えそうな感じです。

大岡川といえば、屋台が並び花見には最適!

大岡川のさくら祭り大岡川のさくら祭り

大岡川といえば、長者町から黄金橋近くまでずらりと並ぶ屋台が有名。桜の季節限定の風物詩です。

大岡川のさくら祭り大岡川のさくら祭り

今年も所狭しと屋台が立ち並び、美味しそうな匂いを漂わせていました。桜の花を見ながらビールに屋台フード。この季節しか楽しむことができない大岡川の熱気を堪能しに来てはいかがでしょうか。

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。近頃は、見様見真似でシェーカーを振ったり、料理をしたりすることが多くなった。お酒の空瓶で作るBottle Ware Artにハマっている。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る