2019年7月4日

大反響のストリートピアノが馬車道駅にも新設されました

保科政美 保科政美

昨年12月に関内のマリナード地下街に設置されてTwitterやYouTubeで注目を集めているBMIストリートピアノが、6月15日に馬車道駅構内に登場。スタートから半月経った馬車道のストリートピアノのようすを見てきました。


地下駅コンコースに響く思い思いのメロディ

馬車道駅のストリートピアノ1

ピアノが設置された場所は、地下鉄みなとみらい線の馬車道駅の地下1階。馬車道口や赤レンガ倉庫口から階段を降りて、さらに改札階へ降りるエスカレーターの横です。

コンコースのレンガ壁前に、アップライトピアノが置かれています。馬車道から駅の階段を降り始めるとすぐに、構内に静かに響くピアノの音が聴こえてきます。

馬車道駅のストリートピアノ2

「週に3~4回は来るかな」という田原さん。演奏が始まると、ポップで軽やかなメロディが広々としたコンコースに気持ち良く響き渡ります。

お勤めの会社が日本大通りにあるので仕事帰りに立ち寄って演奏するそうですが、カバンの中にたくさんの楽譜を持参。偶然にも、以前カトレアプラザでピアノを弾いているところを撮影させていただいた方でした。

馬車道駅のストリートピアノ3

次にピアノの前に座ったのは、ダンディなスーツ姿の男性。静かなジャズ調のメロディが流れだすと、通りすがりの人々が振り返ります。この方にもお話をうかがいましょう。

馬車道駅のストリートピアノ4

「仕事で関内に来て、たまたまここでピアノを見つけた」という野沢さんは、東京の会社にお勤めの方。関内での仕事がうまくいったのでしょうか、ゆっくりと演奏を楽しんでるようでした。

馬車道駅のストリートピアノ5

とぎれとぎれのメロディを楽しそうに奏でていたは、市内在住の佑子さん。お連れの方とお酒を楽しんだ帰り道にピアノを見つけて、ちょっと弾いてみたそうです。ちょっと弾いてみたい時、そこにピアノがあるって、いいですね。

マリナード地下街にはサークルベンチが

馬車道駅のストリートピアノ6

歩いて10分ほどしか離れていませんが、ビジネス街の馬車道駅と商店街のマリナード地下街とでは雰囲気はだいぶ変わります。

会社の帰りにひとり静かにピアノを楽しみたい方は馬車道駅、買い物ついでに立ち寄って弾きたいならマリナードがいいかもしれません。

また、マリナード地下街のピアノのそばには、ちょっと腰掛けられるサークルベンチが設けられました。休憩がてらここで演奏を聴くにはちょうどいいですね。

この記事の著者

保科政美

保科政美

好物は麺類酒類全般。あまのじゃくなB型。大桟橋まで走って2時間、横浜奥地在住。いろいろな言語が聞こえてくる昼下がりの大通り公園で行き交う人を眺めているとロサンゼルスにいるような気がしてきます。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る