2018年10月1日

尾上町5丁目にあるビルの屋上付近から落下物による事故発生

森本 康司 森本 康司

尾上町5丁目にあるKIT関内ビルの屋上付近からパネルのような落下物による事故が発生。消防車や警察車両で、近隣歩道を通行止めにして、はしご車による現場確認作業を行っています。


KIT関内ビル落下物

本日、尾上町5丁目にあるビル「KIT関内ビル」の屋上付近から、パネルのようなものが落下した模様です。付近には警察車両と消防車両が複数台止まり、はしご車による現場確認が行われていました。

KIT関内ビルの落下物付近の歩道を交通規制を行っていた警察官に確認したところ、この落下物によりケガをした方がいる模様。

小紙が現場に到着した16時45分頃には、既に救急車の姿はなく搬送された後でした。

現場となったビルの屋上付近は、パネルのようなもので囲われている部分があり、ちょうど建物の正面に面する側のパネルが落ちたのではないかと思われます。

このビルは通行量の多い、大通りに面した場所に建っていて、その下の歩道を歩く歩行者も多い場所。

風の影響か、また昨夜の台風24号の影響によるものなのかは分かりませんが、大きな事故になってしまった模様です。


この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。近頃は、見様見真似でシェーカーを振ったり、料理をしたりすることが多くなった。お酒の空瓶で作るBottle Ware Artにハマっている。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る