2019年3月12日

関内ストリートピアノがリニューアル、そして新たなピアノも!!

保科政美 保科政美

地下鉄関内駅に直結したマリナード地下街のBMIストリートピアノが、春を迎えてほんの少しもよう替えされました。また、イセザキ・モールにもう1台、自由に弾けるピアノが登場しました。

メンテナンスも万全、さらに楽しめる音楽スペースに

横浜のストリートピアノ1

昨年12月に設置されて以来、連日たくさんの人びとが訪れて演奏を楽しんでいるBMIストリートピアノ。

演奏する人ばかりでなく、地下街に買い物に来た人や、市営地下鉄の関内駅からイセザキモールへ向かう途中の人も、ちょっと足を止めて音楽を楽しめるすてきなスペースになっています。

好評を得ているストリートピアノですが、その反響は管理委員会の予想を超えて、2月半ばに人気キャラクターのムックがやって来てこのピアノを弾いたYouTube動画の再生回数は、1000万回に迫るほどになっています。

2月8日には、ピアノのメンテナンスが施されました。

乱暴に弾く人はいないと思いますが、人通りの多い地下街の通路に置かれているので定期的な手入れが必要になるようです。

横浜のストリートピアノ2

作業中の調律師さんに少し話をうかがうと、内部に溜まったホコリを掃除機で吸い取り、切れていた弦を交換し、最後に調律をするということでした。

横浜のストリートピアノ3

そして3月1日には、BMIストリートピアノのステージがリニューアル。ピアノを囲む大勢のギャラリーで、どこが変わったか分かりにくいでしょうか。

横浜のストリートピアノ4

こちらはまだ通行の少ない時間、午前中のマリナード地下街です。フロアーの赤い部分が以前より広く、レコード盤のように大きく丸く変わりました。

また後方の壁には、イメージイラストが描かれています。

横浜のストリートピアノ5

まもなくプロ野球も開幕。春のイベントも多くなって利用者が増加する地下鉄関内駅。

ますます多くの人がストリートピアノを訪れて、さまざまな演奏を聴かせてくれることでしょう。

カトレアプラザにもピアノが設置されました

横浜のストリートピアノ6

マリナード商店街に続いて誰もが楽しめるピアノが設置されたのは、イセザキモールの有隣堂向かいにあるカトレヤプラザの3階。

横浜のストリートピアノ7

屋上広場に面した明るい窓辺に電子ピアノが置かれています。カトレヤプラザが営業している午前10時から午後8時までこのピアノを利用できます。

横浜のストリートピアノ8

夜は窓から関内の星空を見ながらの演奏も。ロマンチックなムードに浸れそうですよ。

この記事の著者

保科政美

保科政美

好物は麺類酒類全般。あまのじゃくなB型。大桟橋まで走って2時間、横浜奥地在住。いろいろな言語が聞こえてくる昼下がりの大通り公園で行き交う人を眺めているとロサンゼルスにいるような気がしてきます。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る