2014年8月19日

【繋想】様々な奇跡が重なり北欧の想い出を繋げるBAR NORGE-後編

ページ数(1/4)
森本 康司 森本 康司

BAR発祥の地「山下町」で40年以上の歴史を誇る老舗「BAR NORGE」は、現オーナーの強い想いでその歩みを再開する。北欧から海を渡る船室を思わせる美しすぎるほどの店内で静かな時間を過ごせば、時間の流れがねじれる錯覚に陥り、最高の時間が過ごせる。

※この物語は、前編からの続きです。

もうどれぐらい、この船室で時間を過ごしたのだろう。

40年の歴史が古さではなく、しっかりと現役で役目を担っているという不思議な空間で、いつものようにバーボンをあおっている。アイツがやってくるまで、ホンの少しの間の時間調整のつもりで入ったのに、気が付けばすっかりと腰を据えて雰囲気に浸っている。

※アイツとはパクパク隊のこと。2ヶ月ぶりの登壇で、この物語の重要なポイントを押さえている。ちなみに前編では、バーテンダーが来ているスーツが美しすぎると、良い点に着目していた。

外はすっかり日が落ちてしまったようだ。

中華街が観光客の賑わいから、食事客のそれへと変わっていく時間。視界から賑やかさを感じる昼間から、耳で感じるそれへと変化する。

 
せっかくだから、もう少し飲むか…。
 

幸い昼食を遅くとっていたこともあり、まだそれほどお腹は空いていない。いや、空いていないという感覚すら、ここに居ると思い出すことを忘れさせられてしまう。

ただ、ゆったりと海の上に浮かぶ船の中で酔いを深めていきたいと、ゆりかごの中で寝かしつけられている赤子のように駄々を言いたくなっているようだった。

市川オーナー①

市川オーナー:
もしよろしければ、当店自慢のピクルスを召し上がってみてください。

 
んっ!
 

不意を突かれたようなタイミングだった。

カウンターの奥で、静かにグラスを傾けてた男性に声をかけられる。その内容から、その男性がこの店のオーナーだと瞬時に分かった。

 
そうか、ピクルスか…。

もう少しゆっくりと船旅を楽しんでいたいと思い始めたところだったが、酒だけでは少々口が淋しく感じてしまっていた。何かお酒の邪魔にならず、それでいてお酒の口休めになるものをアテがっておきたかった。

オーナーに勧められたのは、絶妙なタイミングだった。

ピクルス①

3杯目にはいつものバーボンに戻し、普段のペースに戻そうとしていたが、またもやこの店のねじれた時空のマジックで、この1杯にどれほどの時間をかけたのかわからなくなっていた。

気が付いてみると、しっかりと濃い小麦色をしていたロックグラスの氷が少し解けだし、柔らかな色へと変化してしまっている。

ピクルス③

パクパク隊:
このピクルス、さっぱりしてて美味しいわ。酸っぱさもちょうど良いって感じで、お野菜のシャキシャキした食感もちゃんと残っていて。
少し甘味のあるカクテルを飲んだ後でも、酸っぱすぎずに美味しくいただけるわ。

 
なるほどね。

女子のハートもしっかりと押さえている。それはこの店の美しさだけでなく、カクテルに合わせるこういったさり気ないツマミでも、押さえるところを押さえていくということか。

市川オーナー②

市川オーナー:
そちらのピクルスは、添加物を一切使用せずに作っています。
身体にも良く、お酒の相手にちょうど良いでしょう。
お店で手作りしていますので、安心してお召し上がりいただけると思います。

 
確かにオーナーのおすすめ通り、パンチの利いたバーボンと合わせるのにちょうど良い。それに酒飲みとして、お酒以外のところでは身体に気を使っておきたいとも思うもんだ。

 
しかし、ちょっと待てよ。

この店の歴史の割に、このオーナーはどう見ても若過ぎやしないか…。


お店詳細

目次に戻る