2017年6月19日

山下町にできたペット犬のための大型複合施設「WANCOTT(ワンコット)」

森本 康司 森本 康司

4月23日に山下町にオープンした、犬と人のための大型施設「WANCOTT(ワンコット)」。大きなドッグランやペットホテル、介護・老犬ケアなど、特長ある6つのサービスを展開する。

横浜市中区山下町にある「レイトンハウス横浜」の3階と4階に、犬と人のための大型複合施設「WANCOTT(ワンコット)」が4月23日にオープンした。運営するのは、株式会社シブヤテレビジョン(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:鈴木眞巨)。

この施設では、犬のトレーニング(しつけ)、医療、リハビリ、フィットネスなど、犬と飼い主の「楽しみ」「学び」「健康」を総合的にサポートする。

ペットホテルと介護・老犬ケアを合わせ、160部屋を保有。施設全体で3,300㎡の面積を持つ、犬向け施設としては国内最大級の施設となり、6つの大きなサービスある。

ドッグラン

WANCOTT(ワンコット)
  • ホテル:
    1部屋の最大スペースは6.8畳もあり、ペットホテル利用中にドッグパーク(ドッグラン)で遊んだり様々なオプションを選べるなど、宿泊中に犬が楽しくなる時間を提供する。
  • トレーニング:
    問題行動の改善や社会化など、犬と飼い主の穏やかな生活をサポートする。
  • ドッグパーク(ドッグラン):
    国内最大級の広さ。全天候型で屋内。
  • 介護・老犬ケア:
    獣医師と専属看護師が、24時間体制で老犬と要介護犬を見守る。
  • リハビリ・フィットネス:
    獣医師と看護師によるカウンセリングのもとに、それぞれの犬に適切な運動方法を指導する。
  • コミュニティスペース
    犬に関連するセミナーやイベントを行うスペースとして、また普段は会員同士の交流や休憩所として利用できる約300㎡の広いスペース。


ショップデータ

WANCOTT(ワンコット)
  • 神奈川県横浜市中区山下町168-1
    レイトンハウス3F・4F
  • TEL:045-264-8730
  • 受付時間:10:00~20:00
  • Web:http://wancott.com/


この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。近頃は、見様見真似でシェーカーを振ったり、料理をしたりすることが多くなった。お酒の空瓶で作るBottle Ware Artにハマっている。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る